カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. 不妊治療の病院へ行こう!初診で必要なものは?

妊娠・出産

不妊治療の病院へ行こう!初診で必要なものは?

 

不妊治療で初めて受診するときは緊張しますよね。しかし不妊治療のスタートは早ければ早い方が良いといわれています。あまり難しく考えずに、まずは受診してみましょう。

 

初診には何がいるの?

まず、予約が必要かどうかを電話やホームページで確認してください。予約なしで飛び込みで行ってもいい病院もありますし、完全予約制のところもあります。人気がある病院は、予約がいっぱいで初診が何か月も先になってしまうこともあるようです。

 

受診するタイミングについては初診で行う検査が決まっている病院もあるので、月経周期のどのタイミングに行けばよいか病院に確認しましょう。

 

受診時に気になる服装と費用

服装は、診察(内診、触診)や検査をするときに内診台に上がることがあるので、着替えがスムーズに行える脱ぎやすいズボンや、スカートがよいでしょう。

 

初診の費用は5千~1万円くらいが多いようですが、初診からしっかり検査をする病院では2万ほどかかることもあります。これも受診前に電話で聞いておきましょう。クレジットカードが使えるか現金しか使えないかも病院によります。保険適応の検査もありますから、健康保険症も忘れないでください。

 

その他、基礎体温を付けていたら基礎体温表を持っていくのもよいと思います。もし他の病院で不妊治療を受けていたらその経過が分かるものも持っていってください。また受診前にホームページから問診票をダウンロードして記入していく病院もあります。

 

■受診するときは夫婦2人がおすすめ

男性は不妊治療への抵抗が強い人がいることも事実です。しかし約半数は男性側に不妊の原因があるとされています。2人で受診すれば男性側の検査や説明も一度に聞けるし、何より2人の問題ととらえる意識が高まります。ただし、無理強いはしてはいけません。

 

男性は、女性が思っているよりずっとナイーブです。男性は受診しなくても、自宅で精液を採取して持っていくことで精子の検査を行うことができます。 

 

誰でも初めて病院にかかるのは不安なものです。しかし、不妊の原因が分からずに夫婦だけで悩むよりも、専門の医師や看護師に話を聞いてもらいながら治療を進めていく方がきっと気分も軽くなり、治療も早く進むことでしょう。深く考えずに気軽に病院に行ってみてください!

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: ponpon_pandaさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

知って安心!不妊治療スタート!初診で多い検査はコレ

不妊治療のために病院へ行くと、問診や様々な検査を行います。これからの治療のベー...

どんなお母さんになりたいですか?理想の母親像についてアンケート!

女性は、自分が母親になったときに「自分を育ててくれた母親の苦労が身にしみる」...

その他の体験談

まさか…2人目妊娠!?酒が好きだから年末年始が終わってから妊娠したい

壮絶な出産から1年2ヶ月経ち、娘ちゃんはだいぶ赤ちゃんから幼児になってきました♪( ´θ`)ノお座り...

母のありがたみ

先日私の家に母がやってきました。甥っ子が暇を持て余しているということで、甥っ子をつれてわたしのところ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る