カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 原因 >
  5. その他 >
  6. 糖分の取り過ぎによるアレルギーがある?!

アレルギー

糖分の取り過ぎによるアレルギーがある?!

食物アレルギーは腸内細菌の減少による消化吸収機能や免疫力の低下によるものです。その腸内細菌の減少は、糖分の取り過ぎによっても引き起されます。

 

腸内細菌と当分の関係

腸内細菌はブドウ糖などの単糖類を餌とすることができず、糖分を大量に摂取することは、腸内細菌が増殖する環境を破壊してしまうことに繋がるのです。

 

糖類は重要な人体のエネルギー源ですが、単糖類のみを摂取しているとそうした腸内細菌の減少が起こるリスクがあります。

 

現代人は甘いものを手軽に手に入れる事ができ、多くの人が嗜好品として常食しています。甘いものを過剰に摂取することによっても、人の免疫力は低下し、アレルギーのリスクを高めることに繋がっているのです。

 

糖分の取り過ぎによる免疫力低下

1.腸内が単糖類ばかりになり、細菌の餌がなくなる。

2.腸内細菌が死滅し、減少する。

3.消化吸収機能が乱れ、免疫力が低下

 

単糖類とは精製された糖分のことであり、砂糖などとして甘いジュースやお菓子などに必ず含まれています。

 

糖分といってもそうして甘いものから吸収するだけではありません。日本の主食である米やその他炭水化物も体内で糖質に変換されエネルギーとして消費されるのです。

 

砂糖など甘いものにこだわらず、日本の伝統食などが腸内環境を整えるのに最適な食生活となります。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: 奈々さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

アロマキャンドルがアレルギーを誘発する?

アロマキャンドルや芳香剤は、日常的にもなじみ深いものとなってきました。ですが、ア...

食べ物、埃、薬など…アレルギーで咳が出る仕組みとは

アレルギーとは特定の物質に身体が異常反応してしまう病気のことです。 アレル...


腸内環境とアレルギーの深い関係!そのメカニズムとは

  このところ、腸内環境とアレルギーの関係がクローズアップされています。な...

高タンパク食摂取はアレルギーの原因に

  必要以上のタンパク質を摂取する高タンパク食摂取ですが、タンパク質を取り過ぎ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る