カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 人工授精(AIH) >
  5. 人工授精について知りたい!妊娠する確率や、メリット・デメリット

妊娠・出産

人工授精について知りたい!妊娠する確率や、メリット・デメリット

自然妊娠でもタイミング法でもなかなか妊娠できない...人工授精へのステップアップを考えたとき、実際に妊娠するのか、デメリットはないのか気になりますよね。

 

人工授精をしたときの妊娠の確率

人工授精による妊娠率はだいたい5~10%程度と言われています。自然妊娠の確率が約20%ですので、少し低めとなります。人工授精は数回行うのが一般的で、約9割の方が4回目までに妊娠したというデータもあります。

 

回数を重ねるごとに妊娠の確率は下がっていくとも言われていますが、1回目や2回目で妊娠した方はその後は人工授精を実施しない訳ですから、人工授精で妊娠するのが困難な方が残る中での確率を出すために確率が下がっていくとも考えられます。

 

人工授精は何回実施してもよいのですが、6回くらい妊娠に至らなければ体外受精へのステップアップを検討し始めます。これは病院の考え方や、その方の年齢、経済面などを考慮します。

 

障害を持った子が生まれるリスクは変わらない

人工授精は簡単に言えば「精子を子宮に入れるだけ」の技術ですので、障害児が生まれるリスクは自然妊娠と変わらないのではないかと考えられています。

不妊治療を受ける人は年齢が高い方が多いですが、高齢になればそれだけ流産や障害児のリスクは高まります。このため、人工授精をしたからリスクが高いというより、年齢の影響を受けてリスクが高まると言えます。

 

人工授精のメリットとデメリット

メリットは、自然妊娠に近い方法であること、自費ですが比較的安い金額で行えるので何度でも挑戦することができることです。なかなか自然妊娠はしないけれど検査結果により人工授精での妊娠の可能性がある方の多くは、体外受精の前に人工授精を試します。

 

デメリットとしては、人工授精は精子の移動をサポートする必要があるときに有効な技術ですので、男性側に問題がない場合にはあまり有効ではありません。また、どの治療手段にも言えることですが、年齢の影響による卵子や卵巣の質は変えられません。

 

以上、人工授精を行うときの妊娠の確率やメリット・デメリットなどをみてきました。どんな方法にも長所短所がありますので、自分の状況と照らし合わせて、納得できる方法を選択できるといいですね。 

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: ponpon_pandaさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

人工授精(AIH)に関する記事

ステップアップ?人工授精が向いている人って?

タイミング法から比較的ステップアップしやすい人工受精。でも向いている人、向かな...

人工授精のAIHとAIDの違いを知っておこう!

  人工授精はAIHとAIDの2種類に分類されます。   ■AIH(Artifi...

人工授精(AIH)の体験談

人工授精について・・大島さんの本で学んだこと

大島さんの本の中で、ある先生との対談がでてきます。 結果大島さんが授かることができたときにお世話に...

妊活の記録*生理不順で無排卵からの妊娠

結婚4年目。 元々生理不順で無排卵になることが多かったため、 結婚後から排卵誘発剤(クロミッド)...

カラダノートひろば

人工授精(AIH)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る