カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. タイミング法 >
  5. 【タイミング法】飲み薬の排卵誘発剤メリットデメリット!

妊娠・出産

【タイミング法】飲み薬の排卵誘発剤メリットデメリット!

  

病院やクリニックで不妊治療をするときに、多くの人に最初に指導されるのが「タイミング法」です。文字通り、妊娠しやすい日である排卵日に合わせてセックスするという方法ですが、医療機関で実施される場合に排卵誘発剤を使うことがあります。

 

■排卵誘発剤とは?

タイミング法を行うときに、少しでも妊娠率を向上させるために使う薬です。飲み薬と注射があります。無排卵や月経不順の人の治療にも使われます。 

 

■飲み薬タイプの排卵誘発剤

クロミフェン(クロミッド):脳の下垂体という部分に作用して、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体刺激ホルモン(LH)の分泌を促します。排卵を促すために使われる一般的な薬です。長い間服用すると子宮内膜が薄くなったり頚管粘液が減るなどの副作用があるので、長期間の服用には注意が必要です。

 

シクロフェニル(セキソビット):卵巣の中で卵子を包んでいる卵胞の発育を助けます。排卵はありますが、妊娠しにくい人に対して処方されます。

 

他にも、テルグリドといって妊娠を抑制するプロラクチンというホルモンの数値が高すぎて排卵や妊娠がしにくくなっている場合に、プロラクチンの分泌を抑えるために処方されるものがあります。

 

■排卵誘発剤を使うメリットとデメリット

排卵日を見つけやすくなったり、卵子の成熟度を調整できるというメリットがあります。また、排卵が2~4個くらいありますので妊娠率も上がります(排卵が1つの時もあります)。

 

デメリットとしては、双子や三つ子などの多胎児の確率が少し高くなります。クロミッドを使うと約5%の確率で多胎児が生まれると言われています。ただし、排卵誘発剤は卵巣を刺激しますが卵子には作用しないので、障害を持って生まれてくる確率が上がるということはありません。

 

タイミング法と排卵誘発剤をあわせて使うことで妊娠する確率を上げることができます。しかしただ飲めばよいということではなく、排卵前の超音波検査などの結果を考慮することで妊娠率が上がるのです。主治医の先生や看護師にしっかり説明を聞きながら取り組むのがよいのではないでしょうか。 

(Photo by:https://pixabay.com/

著者: ponpon_pandaさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

タイミング法に関する記事

【タイミング法】医療機関ではどんな風に指導されるの?

   不妊治療の方法の一つであるタイミング法は、病院で不妊治療を受ける時にも最初...

不妊治療の第一歩!タイミング法を自分で試す方法

なかなか妊娠しない・・・悩んでいるだけでは状況は変わりません。 不妊治療の...

タイミング法の体験談

エコーで卵胞チェック。たまごが育ってない・・

我が家では必ず常備しているもののひとつに卵ちゃんがあります。なににでも使えるし、お弁当にも重宝される...

排卵検査薬で排卵のタイミングをつかむ

3人目のこどもを妊娠したともだちに排卵検査薬をすすめられたため、こちらを購入して数ヶ月前につかってい...

カラダノートひろば

タイミング法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る