カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発疹 >
  5. このブツブツは何?症状と原因をしって、水いぼ対策をしよう!

育児・子供の病気

このブツブツは何?症状と原因をしって、水いぼ対策をしよう!

 

ある日とつぜん、わが子の体にブツブツを発見…!

ただの湿疹?でも、ブツブツの中に水が入っているような?

 

意外と知らない、水いぼの症状や原因、特徴についてご紹介します。

 

水いぼとは?

水いぼとは、医学用語では「伝染性軟属腫(なんぞくしゅ)」と呼ばれ、その名のとおり、人から人へ伝染します。

ただし、その伝染力は強くはないといわれています。

 

ウィルスが皮膚に感染することで発症し、発疹ができます。

皮膚に付着したウィルスは角層・表皮より深い真皮まで到達し、そこで真皮細胞に感染します。

感染した真皮細胞は、ふくらんだ状態で、細胞分裂をくり返しながら増えていきます。

ふくらんだ細胞が多数集まることにより、そこの皮膚がふくらんで水を含んだように見えます。

 

水いぼの特徴である「水を含んだような発疹」は、実際に水を含んでいるのではなく、ふくらんだ細胞によりそう見えるのです。

水いぼの特徴は、白からピンク色の光沢のある発疹で、直径は2~5ミリ程度です。

 

かゆくない場合が多いですが、わきなど皮膚摩擦がある場所にできると、かゆくなる場合もあります。

 

水いぼの原因は?感染経路を知ろう!

水いぼの原因は、ポックスウィルスというウィルスです。

天然痘(てんねんとう)と同じウィルスにあたります。

 

感染経路は、水いぼがある場所を触ることで伝染する、接触感染です。

直接水いぼを触っていなくても、感染することがあります。

たとえば、水いぼに感染した人が使ったタオルや衣服を共有したり、水いぼを触った人がその手で物を触り、その物をまた誰かが触ることによって広がります。

 

とくにプールでは注意!

水いぼに感染していると、幼稚園・保育園・小学校などのプールの時間に、見学しなければいけないことがあります。

それは、プールに入る際は水着のみの着用であり、水いぼが露出するためです。

 

たとえば、水いぼ患部がビート板に触れていて、そのビート板を他の誰かが使うことにより、水いぼが感染する可能性があります。

また、水いぼに感染した人のタオルをあやまって使う可能性もありますよね。

 

プールの水を介して水いぼが感染することはないので、プール禁止ということではありません。

でも、水いぼを持ったお子さんがプールに入ると、他の子に感染する可能性があるということを頭に入れておきましょう。

 

感染力が弱いとはいえ、抵抗力の弱い子供は次から次へと感染していくものです。

お子さんが水いぼを持っている場合は、肌の露出を避け、他人との物の共有を避けましょう。

そうすることで、お子さん自身も、他のお子さんも守ることにつながると思います。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

発疹に関する記事

子供から大人までかかる麻疹(はしか)!麻疹の症状と特徴…合併症にも注意!

予防接種のひとつでよく聞く病名「麻疹(はしか)」。お子様を持つママさんなら誰で...

ご存知ですか?あかちゃんによくある蕁麻疹と湿疹の見分け方

肌が赤く腫れてひどい痒みが出てきた…。こんな時真っ先に疑われるのが、蕁麻疹か...

発疹の体験談

乾燥肌!?冬は特に要注意!

我が家の息子は、よく皮膚科にお世話になるのですが・・・ 乾燥肌のようです・・・ 寒くなってか...

乳児の発疹*冬にガサガサ湿疹!原因は乾燥??

冬になり、子供のお腹、背中、ひじ周りに発疹が出来ました。乾燥が原因?オイル塗っているのに、、寒くなり...

カラダノートひろば

発疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る