カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 痛み >
  5. 骨の成長とは関係なかった!?子どもの成長痛の原因は…

育児・子供の病気

骨の成長とは関係なかった!?子どもの成長痛の原因は…

誰もが子どものころに経験のある、「成長痛」。

夜になると足が痛んだり、病院に行っても原因がわからなかったり、「成長痛」はずっと骨の成長にともなうものだと考えられてきました。

 

しかし、実は骨の成長と成長痛に因果関係はないのです。

今回はそんな、子どもを苦しませる成長痛についてまとめてみました。

 

成長痛の症状とは

12歳未満の子どもが、夜間に原因なく足などの痛みを訴えることを「成長痛」といいます。

中でも3歳から5歳くらいの子どもに多く、夕方から夜にかけて膝などの痛みを訴えますが、朝になると痛みがなくなることが多いようです。

この場合、検査をしてもとくに原因は見つかりません。

 

膝の裏側、ふともも、ふくらはぎ、足首などを中心に痛みを感じますが、どこが痛むのかはっきりしない場合もあります。

とくに就寝前に痛むことが多く、場合によっては痛みのせいで寝付けないこともあります。

 

成長痛の原因

以前は骨の成長にともない、じん帯や筋肉が引っ張られることで痛みが生じると考えられていました。

しかし、現実には骨の成長とは無関係で、現在原因は不明なものの、身体的な理由と精神的な理由があるのではないかといわれています。

 

・身体的な理由

筋肉や骨、関節が未熟な子どもが昼間動き回ることによって、運動の疲れがたまって痛みが生じることがあります。

また、股関節の血流が悪くなると痛むことがあるようです。

 

・精神的な理由

親や周囲の人からかまってもらいたい、という気持ちの表現だともいわれています。

弟や妹が生まれたり、母親が仕事を始めて不在がちになるなど、家庭環境の変化も大きく影響します。

そのため、神経質な子どもや、甘えん坊な子どもに多いようです。

 

成長とともに症状は治まる

子どもの精神的な成長によって症状は治まりますので、基本的に医療機関での治療は必要ありません。

ただし、成長痛を訴えるときには子どもが精神的に不安定であることが多いので、積極的にスキンシップをはかるなどの対応が必要です。

 

ほかの病気を見逃さないように注意

もちろん、足の痛みを訴える原因は成長痛だけではありません。

夜だけでなく、昼間も痛がるようであれば、成長痛以外の原因がある可能性があります。

痛むのが足だからといって成長痛と結論づけてしまわず、病院の指示を仰ぐようにしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

痛みに関する記事

安静していても痛みがあるときは要注意!子供に多い骨肉腫

子供が膝や肩の関節の痛みを訴えるときは、骨肉腫を疑いましょう。 骨のがんの一種...

子どもによくあるこんな腹痛症状!それぞれの「痛みの特徴」を知っておこう!

  「お母さん、お腹が痛い…」と訴えることは、子どもには多くあります。 そも...

ホームケアの体験談

赤ちゃんの鼻づまり対策~吸引器がないとき~

赤ちゃんの鼻詰まりは病気でなくとも割とよくみられる現象ですよね。赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べてとて...

試してみよう!便秘解消のワザ!

わが子は最近、便秘に悩まされています(;;) 出ない時は一週間近くでなくなり、母親の私はすごく...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

痛みの記事ランキング

人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る