カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. ノロウイルス >
  5. 流行するウイルス性胃腸炎、感染したらどうする?二次感染を防ぐ方法

育児・子供の病気

流行するウイルス性胃腸炎、感染したらどうする?二次感染を防ぐ方法

毎年冬ごろになると子どもたちに大流行する、「ウイルス性胃腸炎」。

感染力も高く、怖い病気ですよね。

「ノロウイルス」や「ロタウイルス」という言葉を聞いたことがあっても、実際感染したらどのように対処すればいいのか、知らない人も多いかもしれません。

 

今回はそんなウイルス性胃腸炎にかかってしまった場合、家庭でどのように対処したらいいのかをまとめてみました。

 

ウイルス性胃腸炎の特効薬はない

嘔吐や下痢などの症状にあわせて薬を処方されますが、基本的にウイルス性胃腸炎そのものをすぐに治すような特効薬はありません。

そのため、家庭で適切な食事療法を行いつつ、二次感染を防ぐことがなによりも重要です。

 

家庭での食事療法とは

ウイルス性胃腸炎の症状としておもなものは下痢や嘔吐です。

これらの症状はウイルスを体外に排出するためのものなので、下痢止めなどで無理に止めることは禁物です。

 

吐いたり下痢をした後はしばらく安静にし、無理に食べ物を口に入れず、お腹を休めることが大切です。

吐き気が落ち着いたら水分を少しずつ与え、吐き気がなくなったら消化のいいものをやはり少しずつ与えます。

 

このとき、牛乳などの乳製品を与えるのは悪化につながるためやめましょう。

 

二次感染を徹底的に防ぐ

子どもが感染した場合、家族への二次感染を防ぐため、食器やタオルなどの共有を避けます。

洗濯物も別々に洗うようにしましょう。

 

また、子どもを寝かせる寝具にはビニールシートなどをかけ、その上にタオルを敷くなどして吐しゃ物が布団に染み込まないように工夫しましょう。

 

吐しゃ物や便の処理を行う場合の注意点

感染した子どもの吐しゃ物や便からは大量のウイルスが排出され、乾燥しても空気中に飛散して感染することがありますので、とくに注意が必要です。

吐しゃ物を拭き取ったら、床などの汚れた部分には次亜塩素酸ナトリウムを浸して消毒します。

 

吐しゃ物の拭き取りやオムツの交換はかならずゴム手袋をはめて行い、終わったら手をしっかり洗って消毒しましょう。

 

また、拭き取りに使用したティッシュやタオル、手袋などはビニール袋に密閉して捨てるようにしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ノロウイルスに関する記事

食事が原因の感染性胃腸炎対策で重要なことは?

  細菌に汚染された食材を食べることで、下痢や嘔吐、発熱などの胃腸炎症状を...

ノロウイルスは食事からも感染するの?

  毎年冬になると大流行するノロウイルス。学校や幼稚園、病院などでの集団感...

ノロウイルスの体験談

ノロウイルス!慌てないで、まずすること。

寒くなってくるといろんな病気が流行りますね… うちは双子なので、風邪もうつしあいっこしてしまって風...

2歳児と妊婦揃ってノロウィルスになりました。

先週、ノロになりました。子供も軽度でしたが、家族でまわるもので、人によって出かたは違うようです。 ...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る