カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 人工授精(AIH) >
  5. 人工授精で妊娠を目指す・・・向き不向きをケース別に紹介!

妊娠・出産

人工授精で妊娠を目指す・・・向き不向きをケース別に紹介!

不妊治療を行っていて、タイミング法でなかなか妊娠しない場合には一般的に人工授精へのステップアップを検討します。しかし、人工授精も万能ではないので向いているケースと向いていないケースがあり、ケースによっては早い段階で体外受精を勧められることがあります。人工授精に向いているケースと向いていないケースには、それぞれどんな場合があるのでしょうか。

 

■人工授精に向いているケース

人工授精とは、精子を子宮のなかに入れることで受精を促す技術です。受精自体は精子と卵子の力で行います。そのため人工授精は主に男性側に問題があるときに有効な技術と言えます。

 

具体的には、精子減少症や精子無力症など、精子の数が少なかったり運動率が低い場合や精子の侵入障害がある場合、セックスレスなどの性交障害などです。また、精子に問題がなくてもタイミング法では妊娠に至らず体外受精を行うことには抵抗が強い場合、経済的な問題がある場合などです。

 

■人工授精に向いていないケース

人工授精の特性から、精子に問題がない場合は人工授精自体の有効性が低いと言えます。このため、女性側の問題の場合や原因不明不妊、女性の年齢が高い場合は人工授精に向いているとは言えません。

 

もちろん、検査結果から人工授精での妊娠の可能性があると判断される場合や年齢が若い場合は人工授精を試していくことになります。

 

体外受精は自己負担額が人工授精に比べて桁違いになりますし受診の回数も多くなるので、すぐには体外授精に踏み切れない方が多いと思います。しかし体外受精は原因不明不妊を含めてほとんどの不妊の原因に対して有効な方法ですから、数回の人工授精で妊娠に至らなければ、体外受精を検討する時期が来ることになります。

 

 

治療のステップアップのスピードは個人の体の状態や考え方の違いで変わってきます。治療をしていくなかで、どの治療が向いているのか、どの治療なら受けることができるのかを主治医やパートナーと話し合っていけるとよいのではないでしょうか。 

(Photo by://www.ashinari.com/ ) 

著者: ponpon_pandaさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人工授精(AIH)に関する記事

体外受精のための「HCGとスプレキュア」メリット・デメリット

  人工受精にむけて排卵させる薬。注射のHCGと点鼻薬のスプレキュア。 役割は一...

不妊治療の第一歩の治療法の種類・時期・方法を知っておこう!

不妊治療と一言で言っても、大きく分けると2段階に分かれるって知っていましたか...

人工授精(AIH)の体験談

人工授精について・・大島さんの本で学んだこと

大島さんの本の中で、ある先生との対談がでてきます。 結果大島さんが授かることができたときにお世話に...

妊活の記録*生理不順で無排卵からの妊娠

結婚4年目。 元々生理不順で無排卵になることが多かったため、 結婚後から排卵誘発剤(クロミッド)...

カラダノートひろば

人工授精(AIH)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る