カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. タイミング法 >
  5. 【タイミング法】注射による排卵誘発剤ってどんなものがあるの?

妊娠・出産

【タイミング法】注射による排卵誘発剤ってどんなものがあるの?

不妊治療では最初のステップとしてタイミング法を試します。この時、病院では排卵誘発剤をあわせて使う場合があります。排卵誘発剤には飲み薬タイプのものと、注射タイプのものがあります。注射による排卵誘発剤は、どんな種類があってどんな働きをするのでしょうか。

 

■注射による排卵誘発剤の種類

hMG注射:

卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体刺激ホルモン(LH)が配合されたホルモン注射です。卵胞を成長させる働きがあります。飲み薬の排卵誘発剤である、クロミッドの効果を高めるために併用されることもあります。

 

hCG注射:

排卵を促す作用があります。クロミッドやhMG注射で卵胞を成長させた後に黄体ホルモンに似た働きを持つhCG注射を注射させることで排卵を促します。

 

■どんな副作用があるの?

飲み薬の排卵誘発剤よりも、注射タイプのほうが少し効き目が強いため、副作用が少し強く出る可能性があります。具体的には、双子や三つ子が生まれてくる多胎妊娠の確率が増加します。多胎妊娠の確率は自然妊娠の場合1%未満ですが、クロミッドで約5%hCG注射使用時は約20%と言われています。

 

また、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と言われる症状が起きやすくなります。これは排卵誘発剤によって卵胞が過剰に刺激され、卵巣がはれ上がったり、ひどいときにはお腹や肺に水がたまるなどの症状が起こるものです。

 

飲み薬のクロミッドを服用することでOHSSが起こるのは稀です。多嚢胞性卵巣症候群の方がhMG注射とhCG注射を使うとOHSSが起こりやすいと言われているので注意が必要です。

 

そのまま妊娠すると症状が悪化する傾向があるので、排卵誘発剤使用後に体調の変化があった場合は必ず主治医に伝えてください。

 

 

このように薬を使うということはメリットもあればデメリットもあるのですが、病院によっては詳しい説明をされない場合もあるかもしれません。自分が使う薬については積極的に調べたり質問をしてメリットとデメリットを納得したうえで試したほうが、結果にも納得できるのではないかと思います。

(Photo by://www.ashinari.com/) 

著者: ponpon_pandaさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

タイミング法に関する記事

男の子?女の子?産み分けを考える場合のタイミングとは?

  産み分けを考える場合のタイミングとは   生まれてくる赤ちゃんの性...

どんな風に出産する?バースプラン(出産計画)のあれこれ

  臨月に近くなると、産婦人科からバースプランの用紙をもらい出産について話...

タイミング法の体験談

エコーで卵胞チェック。たまごが育ってない・・

我が家では必ず常備しているもののひとつに卵ちゃんがあります。なににでも使えるし、お弁当にも重宝される...

排卵検査薬で排卵のタイミングをつかむ

3人目のこどもを妊娠したともだちに排卵検査薬をすすめられたため、こちらを購入して数ヶ月前につかってい...

カラダノートひろば

タイミング法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る