カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. これはアトピー性皮膚炎?治療法と対処法は幼いころにあり?!

育児・子供の病気

これはアトピー性皮膚炎?治療法と対処法は幼いころにあり?!

アトピーと聞くと、かゆみや皮膚の病変と、一生つき合っていかなければいけないと想像する方も多いのではないでしょうか?

 

アトピー性皮膚炎と診断されたら、どのように治療し、今後どう対処していけばよいのかまとめました。

 

アトピー性皮膚炎の診断

乳児期はとくに湿疹ができやすく、アトピー性皮膚炎と診断するには下記の診断基準があります。

 

・かゆみをともなうか

・湿疹の分布の様子

(たとえば、左右対称に起こる。

乳児期は顔面や体幹・四肢などで、幼小児期は首や関節などに起こるのが特徴)

・慢性であったり、反復性があるかどうか

(乳児期では2か月以上を慢性、その他の時期では半年以上を慢性と定義)

 

また、上記以外にも家族にアレルギー体質の人がいるかどうか、気管支喘息やアレルギー性鼻炎、結膜炎などを併発しているかどうかなどを参考にします。

また、血液検査により、血清IgE値を調べるケースもあります。

 

治療法

アトピー性皮膚炎と診断されたら、医師の指導の下にきちんと治療をしましょう。

乳児・幼小児期にきちんと治療をすることで、成長過程で症状が軽減するケースが多いです。

 

治療の基本は、原因物質の特定と除去、そして、外用薬によるケアになります。

原因や悪化要因は、乳児・幼小児期は食べ物・発汗・環境因子・皮膚内の真菌によることが多く、食べ物の場合はそれを特定し、除去することが重要です。

 

また、外用薬はステロイド外用薬を使うことが多く、軟膏やクリームが処方されます。

一部必要に応じて、ステロイド内服薬を処方されるケースもあります。

 

治療、ホームケアにおいての注意点

治療において、ステロイド外用薬を使うことが多いのですが、ステロイドと聞いて、敬遠してしまうお母さんも多いのではないでしょうか。

なんとなくステロイドはこわい…くせになってもっと悪化する…というマイナスイメージが先行していますよね。

 

ステロイドは、たしかに正しく使用する必要があります。

ですがこわいと思うあまり、少ししか塗っていないと症状がよくなりません。

 

ステロイドはいわば「火消し剤」です。

正しい量・塗り方で炎症を起こしている皮膚をいち早く治し、強いかゆみを抑えてあげましょう。

症状が軽くなってくると、ステロイドの強さもだんだん弱めのものになっていき、徐々にステロイドなしでのケアになってきます。

医師の指導の下、しっかり治すことを心がけましょう。

 

アトピー性皮膚炎は、成人になるにしたがって治るケースがほとんどです。

きちんと治療をしないまま、皮膚の炎症を放っておくと、慢性化して治りづらくなってしまいます。

 

こわいと思わず、幼いころから正しい治療をしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状に関する記事

初めての高熱と発疹…これってもしかして突発性発疹!?ケアのポイント

突然の発熱や、見慣れない発疹…ママは不安になってしまいますよね。でもまずは落ち...

「子供は風の子」これってホント?最近の子供にはこの言葉が通用しない!?

  昔からよく言う「子供は風の子」という言葉。 しかし、最近の子供にはこの言葉...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

病気と症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る