カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. マイコプラズマ >
  6. 高い感染率…マイコプラズマ肺炎の予防のポイントとは?

育児・子供の病気

高い感染率…マイコプラズマ肺炎の予防のポイントとは?

マイコプラズマ肺炎は子どもがよくかかる病気の1つで、接触感染や、せきによる飛まつ感染でうつる、いわゆる「感染症」です。

ここでは、そのマイコプラズマ肺炎について詳しくお話をしていきたいと思います。

 

症状は?

マイコプラズマ肺炎の初期症状は風邪に近いものから始まります。

発熱、のどの痛み、頭痛、だるさ、せき、が症状としてあらわれます。次第にせきの症状が重くなり、タンがまじることもあります。

 

また、症状は乳幼児のほうが比較的軽い場合が多く、気管支炎程度の症状ですむことが多いですが、年齢が上がるごとに症状が重くなる傾向にあり、重症になると胸水貯留などにもなりえますので、注意が必要です。

 

原因は?

マイコプラズマ肺炎は「マイコプラズマ」という微生物が病原体となっています。これが接触や飛まつ感染に体に入ることによって罹患する病気です。

潜伏期間はだいたい2~3週間といわれています。

 

また、人から人へとうつるる病気なので、家庭内、職場内、学校内で感染者が出ると比較的高い確率で感染するようです。

 

診断は?

マイコプラズマ肺炎は乳幼児だと症状があらわれにくいので診断は難しいようです。

実際には、ペア血清といって2回採血して、抗体の上昇の程度を見て診断するようですが、結果が分かるまで少々時間がかかるようです。

ですので、マイコプラズマ肺炎は少し進行してから分かる場合が多いようです。

まわりに感染者がいて、風邪の症状が長引いたときなどは受診してみるといいでしょう。

 

治療は?

マクロライド系抗生剤やテトラサイクリン系抗生剤を投与します。
また、幼児では細菌性肺炎を併発することがあるので、ペニシリン系抗生剤を併用することもあります。

入院治療が必要な場合もありますが、軽症なら外来治療でも大丈夫です。

安静にし、タンを取り除きやすくし、室内の空気を快適にすることが大切です。

 

予防法は?

まず、室内の空気を快適に保ちましょう。

患者の鼻やのどからの分泌物に触れたり、微生物を吸い込だりすることを防ぐため、手洗い、うがい、洗顔なども有効です。

また、患者との接触はできるかぎり避け、まわりで感染者が出たらマスクを着用すると効果的です。

 

マイコプラズマ肺炎はかつては4歳以上に多くみられ、4年に1度流行するといわれていました。

近年ではその傾向もうすれ、しっかりと治療すれば重症化も防ぐことができます。

そのためには、常日頃からの手洗い・うがいを中心に感染防止につとめることが最も大切になります。

 

(Photo by:pixabay

著者: zereさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

マイコプラズマに関する記事

風邪?マイコプラズマ肺炎?見分けるポイントと対処法

マイコプラズマ肺炎は、昔は4年ごとに流行るオリンピック病ともいわれ、ある程度周...

マイコプラズマの体験談

長男、マイコプラズマ肺炎にかかる2

長男は、登園できず家で一人遊び中です。 そろそろ、バッテリーが切れそう。熱も上がってきました。...

長男、マイコプラズマ肺炎にかかる1

長男がただいま、マイコプラズマ肺炎で登園できません。 朝は元気で動いていますが、午後にはぐ...

カラダノートひろば

マイコプラズマの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る