カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 汗をたくさんかく季節!子どもの脱水症状には気をつけて!

育児・子供の病気

汗をたくさんかく季節!子どもの脱水症状には気をつけて!

汗をたくさんかく季節になると、「脱水症状になるから気をつけて!」とよく言われることがあります。

 

この脱水症状とは、いったいどういうものなのでしょうか?

 

■脱水症状とは?

人のからだは、ほとんど水分からできています。

脱水症状とは、体から水分や電解質が外にでてしまい、これらが不足してしまっている状態をいいます。

ただ水分が出ている状態ではありません。

 

電解質とは、体の機能を維持するために必要な栄養素のうちの、ミネラルが体液に溶けている状態をいいます。

電解質は、体のエネルギーや筋肉、神経の機能維持のために、必要不可欠なものです。

 

これが失われると、体のさまざまな機能が維持できなくなってしまいます。

 

■どんな症状?

脱水症状で水分や電解質が不足してしまうと、めまいやふらつき、頭が痛く

なったり気持ちが悪くなったりします。

 

重度になってくると、しびれやけいれんが起きます。

体全体の血液の量が減って、ショック状態におちいってしまう場合があり、命にかかわってきます。

 

■どんな時になるの?

運動後に大量に汗をかいたり、発熱による発汗、胃腸かぜで下痢、嘔吐などです。

これにより、水分や電解質が排出され失われてしまい、脱水症状になります。

 

むし暑い日の部屋の中でも、高齢者やこどもは知らない間に脱水症状になってしまうことがあるので注意しなければなりません。

 

■脱水症状になったら?

まず水分補給をしましょう。

 

水分をとるときには、水道水では足りない電解質も合わせてとることができる、イオン飲料やOS-1など経口補水液がよいでしょう。

これらは効率よく水分と電解質をとることができます。

 

脱水症状が重症なものになってくると、点滴が必要になってくる場合もあります。

この点滴の中には、電解質や糖分が含まれています。

 

知らない間に脱水症状になっているなんて、こわいですよね。

そうならないためにも、日ごろからこまめに水分をとるようにしましょうね。

 

(Photo by:足成

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病気と症状に関する記事

一番の主治医は自分!? 普段の様子の観察

  育児書などによく書いてあることが「お母さんが見ていつもと様子が違ったら...

幼児に多い「りんご病(伝染性紅斑)」かかったらどうする?診断されてからの対処法

なんだかいつもよりほっぺたが赤いな…と思っているうちに体中に発疹のようなぷつぷ...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

病気と症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る