カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 肥満にならないために!早食いはいいことなし?!

美容・ダイエット

肥満にならないために!早食いはいいことなし?!

仕事の合間のランチなど、いそがしくて時間がないと、急いで食事をとってしまいます。

 

その早食いが、ダイエットの大敵となっているのを知っていますか?

 

■早食いはいいことなし?

いそがしいと、食事に時間をかけられないといって、あまりかまずに飲み込むように早食いをしてしまいます。

早食いをすると、体の中ではどのようなことがおきるのでしょうか?

 

人間の脳には満腹中枢という部分があり、食べ物を十分にとると、この満腹中枢から指令があり満腹感を感じます。

この満腹中枢から満腹と感じるまでの時間は、だいたい20分くらいといわれています。

 

早食いは満腹になる前に、必要以上に多量に食べてしまいます。

そのため、満腹を感じる頃には食べ過ぎていて、カロリーを過剰摂取してしまうのです。

その結果、太ります。

 

また、食べ過ぎによって血糖値が急激に上がり、糖尿病予備軍になってしまいます。

さらに、かまずに飲み込む形になると、食べ物が細かくならず、固形を消化しなければならなくなります。

すると胃に負担がかかり、胃のはたらきが悪くなったり、逆流性食道炎などの病気を招いてしまうおそれがあります。

 

■早食いをなおすにはどうする?

早食いの人は、食事のときによくかまないで飲み込んでしまう人が多いです。

 

早食いをなおすには、よくかむことです。

食べ物をよくかむことで、量をあまり食べていないうちに満腹感を感じる時間に到達し、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

ゆっくりかむことによって、消化や吸収もよくなることが報告されています。

また、たくさんかんでゆっくり食事をすることにより、食べる量も減らすことができます。

 

少ない量で満腹感が得られるのでダイエットに効果的です。

一回にかむ回数は、だいたい30回を目安にするとよいでしょう。

 

 

早食いから病気になってしまうなんて、こわいですね。

自分の健康維持のためにも、食事の時間をきちんともうけて、よくかんでゆっくり食事をするように心がけましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: bellj375さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

夏のダイエットで要注意!"栄養失調太り"とは?夏のダイエットで絶対やってはいけないこと

   栄養失調は、やせている人に多く、「栄養失調=やせている」というイメージを持...

あなたは太りやすい人?太る食べ物と、食べてはいけない時間!

どうしたら、かんたんにやせられるのでしょうか?   これは、ダイエットの永遠の...


スタイルが良くなる?高タンパク質を摂取してメリハリボディになろう

高たんぱく質摂取でメリハリボディを手に入れる     メリハリボディを...

食事を切り替えてダイエット!中性脂肪をためないコツとは?

女性は日ごろから、ダイエットを意識して生活しているひとが多いですよね。 健康維...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る