カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. あなたは太りやすい人?太る食べ物と、食べてはいけない時間!

美容・ダイエット

あなたは太りやすい人?太る食べ物と、食べてはいけない時間!

どうしたら、かんたんにやせられるのでしょうか?

 

これは、ダイエットの永遠のテーマとも言えるでしょう。

そもそも「太りやすい」とはどういうことなのでしょうか?

 

■太りやすいって?

人によって、太りやすい人と太りにくい人がいます。

このちがいは何でしょうか?

 

一般的に、太りやすいのは代謝が悪いということなのです。

 

体を動かしたり運動をすると、代謝は一時的にはよくなります。

運動もしないで代謝が悪いままだと、体の脂肪がエネルギーとして燃焼せずに、皮下脂肪として体に蓄積される状態となります。

 

また、脂肪細胞が多いということも太りやすい原因になります。

幼少期に脂質を多く含む食べ物を好んで食べていると、どんどん脂肪細胞の数は増えていってしまいます。

いちど増えてしまった脂肪細胞は、なかなか減らすことがむずかしいです。

幼少期ですでに、太りやすい体をつくってしまっている人もいます。

 

■太りやすい食べ物は?

まず思い浮かべるのは、脂質の多いものです。

揚げ物やポテトチップス、ハンバーガーなどのジャンクフードは脂分が多いものといえます。

 

また、お米やパン、パスタ(麺類)などの炭水化物は主食であるし、量もたくさん食べてしまいます。

お菓子も砂糖、ケーキのスポンジには炭水化物である小麦粉や油などを使っているものが多く、太りやすい食べ物といえるでしょう。

 

■太りやすい食べ方は?

あなたは1日3食、きちんと食事をとっているでしょうか。

忙しいからといって、朝食を抜いたりしていませんか?

 

朝食を抜くと、その分空腹の時間が長く、体が飢餓状態になります。

飢餓状態になると代謝機能が落ちて、脂肪の燃焼能力も落ちてしまいます。

昼食で食べたものから、体がたくさん栄養を吸収しようとするので、体に脂肪を蓄えようとします。

そのため、太ってしまうのです。

 

深夜に食べることも太る原因です。

深夜に食事をしてすぐに寝てしまうと、消化のはたらきが落ち、消化されず胃の中に食べ物が朝までの残ってしまいます。

朝食の時にはとうぜん食欲がなく、また食事を抜いてしまうという悪循環がおきてしまいます。

 

肥満の状態が続くと、病気になる可能性も増えてきます。

日ごろから、バランスのよい1日3食の食事と、適度な運動をして、からだが脂肪を蓄えないように気をつけていきたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

食事を切り替えてダイエット!中性脂肪をためないコツとは?

女性は日ごろから、ダイエットを意識して生活しているひとが多いですよね。 健康維...

肥満にならないために!早食いはいいことなし?!

仕事の合間のランチなど、いそがしくて時間がないと、急いで食事をとってしまいます...


食べ過ぎた分を翌日にリセットするには?

  飲み会や食事会の席が楽しくてつい食べ過ぎてしまったということはあると思いま...

スタイルが良くなる?高タンパク質を摂取してメリハリボディになろう

高たんぱく質摂取でメリハリボディを手に入れる     メリハリボディを...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る