カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. ただの目やにとあなどらないで!赤ちゃんの先天性鼻涙管閉塞とは?

育児・子供の病気

ただの目やにとあなどらないで!赤ちゃんの先天性鼻涙管閉塞とは?

鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)という病気をご存知ですか?

 

赤ちゃんの目やにが多かったり、つねに涙目だったりする場合は、もしかしたら鼻涙管閉塞かもしれません。

症状、治療法についてご紹介いたします!

 

鼻涙管閉塞の症状・診断

おもな症状は、目やにや涙がつねに出ていることです。

赤ちゃんはよく泣くため、わかりづらいかもしれません。

泣いたあとでもないのに目がうるんでいたり、目やにが多くつねにまつ毛にからんでいる場合は、鼻涙管閉塞の可能性があります。

 

また、片側だけに症状が出るのも鼻涙管閉塞の特徴です。

片側だけ涙や目やにが多いなと思ったときは、鼻涙管閉塞かもしれません。

(両目で起こる場合もあります)。

 

病院で診てもらう際は、食塩水を流して涙が正常に鼻へ流れていくかの検査をし診断します。

少しかわいそうでもありますが、鼻涙管閉塞の場合、涙がたい留し、そこで細菌が繁殖、炎症を起こす場合もあります。

鼻涙管閉塞かもと思った場合は、眼科へ行きましょう。

 

原因

鼻涙管閉塞には、先天的なものと後天的なものがあります。

本来なら、まぶた上部でつくられた涙は、目の表面を伝って鼻涙管を通り、鼻へと流れていきます。

 

ですが、先天性鼻涙管閉塞の場合、この鼻涙管の形成異常により、鼻へと流れていくことができず、目周辺でたい留を起こしてしまいます。

後天的な鼻涙管閉塞は、ちくのう症などの鼻の病気や結膜炎などの目の病気から起こります。

 

鼻涙管閉塞の治療

先天性鼻涙管閉塞の場合、多くは1歳までに自然治癒ゆすると言われています

 

そのうち60~70%は、3か月までに治ゆするともいわれています。

鼻涙管閉塞の治療法は、抗生物質の入った目薬をさし、涙のう(目頭あたり)をマッサージし、開通をうながします。

 

比較的、後天的要因の鼻涙管閉塞は軽度な場合が多く、目薬とマッサージで治ゆするケースが多いです。

それでも治らなかったり、先天性の鼻涙管閉塞の場合には、細いはり金を目頭に通す、鼻涙管開通手術が行われるケースが多いです。

手術によって開通した穴が再びふさがるのを防ぐため、シリコンのチューブを涙点に1~3か月とめ置く処置をすることがあります。

 

 

比較的軽度な場合は、点眼とマッサージで治療ができてしまいます。

おうちで涙のうマッサージをする際は、細菌が入らないよう、手をきれいに洗い、爪を短く切っておきましょう。

また、マッサージで出てきた目やには、きれいなガーゼなどでぬぐってあげましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

目の病気・症状に関する記事

まつげが目に刺さってる?!さかさまつげの原因と治療法を知ろう!

   普通なら、まつ毛は目に刺さったりしませんが、さかさまつげの場合は、刺さって...

これって病気?ただの目やにだから心配ない?赤ちゃんの"目やに"の原因と対処法

朝赤ちゃんの顔をみてびっくり!まぶたも開かないほどに目やにがびっしり付いてる!...

目の病気・症状の体験談

初めての救急車

赤ちゃんて、目や鼻に指が入ろうが顔をゴシゴシとこすりますよね。 我が家の子もよくゴシゴシこすっ...

生後5か月の娘のものもらい!対処方法

先日、娘がものもらいになりました。 前日までは何もなかったのに、朝起きたら右目の上まぶたのところに...

カラダノートひろば

目の病気・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る