カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. てんかん >
  5. 乳幼児期から学童期に発症しやすい多種多様な「てんかん」発作の症状の特徴とは

育児・子供の病気

乳幼児期から学童期に発症しやすい多種多様な「てんかん」発作の症状の特徴とは

「てんかん」という病気を、メディアなどで聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

てんかんとは、突然意識がなくなったり、筋肉が硬直やけいれんを起こすなどの「発作」を繰り返す病気のことです。

 

てんかんの発作にはさまざまなタイプがあり、そのタイプによってはてんかんであることに長い間気づかれず、放置されてしまう場合もあるといいます。

今回はそんな「てんかん」について、おもに発作の症状に焦点を当ててまとめてみました。

 

部分発作と全般発作

発作の起こる範囲によって、脳の一部分が過剰に興奮することによって起こる「部分発作」と、脳全体が過剰に興奮して起こる「全般発作」に分類されます。

 

・部分発作

体の一部が勝手に動いたり、異常な感覚を感じたりすることがあります。

意識を保ったまま起こる発作を「単純部分発作」と呼び、発作中に意識がなくなるものを「複雑部分発作」と呼びます。

 

・全般発作

全身がけいれんしたり、意識がなくなることがあります。

部分発作から脳全体に広がった場合には、部分発作の二次性全般化と呼びます。

 

症状の特徴から見た発作の種類

発作の起こり方や状態によって、さらに「強直間代発作」、「欠神発作」、「ミオクロニー発作」の3つに分類されます。

 

・強直間代発作

全身がガクガクとしたり、または全身を硬直させます。

意識はなく、白目をむいたり、一点を見つめたり、口から泡をふいたりします。

 

・欠神発作

突然、短時間意識がなくなります。

直前に行っていた動作の姿勢のまま動きが止まり、発作が回復すると、それまでの動作を再開します。

 

・ミオクロニー発作

突然、電気が走ったように筋肉がビクンと収縮します。

さまざまな原因で起こる発作です。

 

難治性の症候性全般てんかん

てんかん患者のおよそ7割は子どもで、乳幼児期から学童期に発症しやすいといわれています。

てんかんは、きちんと治療すれば治っていく良性てんかんがほとんどです。

 

しかしなかには「乳児重症ミオクロニーてんかん」、「ウエスト症候群」、「レノックス・ガストー症候群」、「ドラベ症候群」といった難治性のてんかんもあります。

他のてんかんに移行するものもあり、治療が難しいとされていますから、

しっかりと症状を見極めたいですね。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

てんかんに関する記事

ガクガクブルブルは少ない?あまり知られていないてんかんの症状とは

  子どもに多い病気のひとつにてんかんがあります。 てんかんという病気は一般的に...

小児てんかんとは?

  てんかんには様々な種類がありますが、ここでは乳幼児に多い種類のてんかん...

病気と症状の体験談

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

突発性発疹やノロウイルス。子供たちがかかった病気

我が家の二人の娘たちがかかった病気について書いて行きたいと思います。 ほとんどの赤ちゃんがかか...

カラダノートひろば

てんかんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る