カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 予防 >
  5. 子どもの肥満…!急増しているのはなぜ?どうやって予防する?

生活習慣病

子どもの肥満…!急増しているのはなぜ?どうやって予防する?

近年、子どもの肥満が急増しています。

なぜ増えているのでしょうか?

 

■子どもの肥満の原因は?

原因のひとつは、現代の食生活が欧米化していることです。

以前は魚や野菜が食事の中心でしたが、いまは肉中心の食事に切り替わっています。

また、おやつも高カロリーのものに変わってきています。

 

生活の面でも、夜遅くまで起きていることが多くなり、お腹がすいて夜食を食べてしまうことがあります。

これも肥満につながります。

 

さらに、運動不足も原因になります。

 

現在は、ボール遊びが禁止されている公園も少なくありません。

外で走り回って遊ぶことができなくなると、必然的に運動不足になりがちです。

また、最近の子どもの遊びは、テレビゲームなど家の中で遊べるものが充実しています。

これらによって、外で遊ぶ機会が減ってしまっています。

 

運動をしないとエネルギーが消費されないですし、食事による摂取カロリーが運動による消費カロリーを上回り、肥満になってしまいます。

肥満が続く状態だと、子どもでも生活習慣病になることがあります。

 

■肥満を予防するには?

肥満にならないようにするには、食事の改善、生活の改善、運動不足の解消です。

そして、この3つのバランスがよくなっていけば、自然と心配いらなくなるでしょう。

 

■肥満にならないためには?

食事から考えていくと、栄養がかたよらずに魚、野菜、肉とバランスのよい食事を心がけて、脂っこい食事はひかえるようにしましょう。

 

ジュース、炭酸飲料は糖分を過剰摂取してしまう心配があるため、ふだんはお茶やお水を飲むようにしましょう。

そして、1日3食きちんととって、1食でも抜かないように気をつけましょう。

 

生活の面では、夜更かしはしないことです。

早寝早起きをして、規則正しい生活をしましょう。

 

運動は、室内の遊びばかりではなく、外で元気よくあそびましょう。

お出かけのときは、自動車で移動ばかりではなく、バスや電車など公共機関を使ったり、徒歩で移動してみましょう。

体を動かすことを常に意識してみてください。

 

休日は公園でサイクリングをしたり、レジャー施設に出かけてみるのも運動になりますよ。

 

重大な病気を招いてしまう肥満にならないように、日ごろから気をつけていきましょうね。

 

(Photo by:pixabay

著者: bellj375さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る