カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. インフルエンザの予防接種って必要?インフルエンザワクチンの副反応はある?

育児・子供の病気

インフルエンザの予防接種って必要?インフルエンザワクチンの副反応はある?

毎年、冬になると猛威をふるうインフルエンザ。

とくに、小さな子どもや高齢者は、感染すると重症化するおそれがあり、注意喚起がなされます。

 

インフルエンザワクチンって、打った方がいいの?副反応はあるの?

疑問だらけの、インフルエンザワクチンについてご紹介いたします。

 

ワクチンでは感染を防げない?!

インフルエンザの予防接種は、感染後の症状の重篤化を防ぐためであり、感染を防ぐにはあまり効果がないといわれています。

 

というのも、インフルエンザ菌にはたくさんの型があり、毎年さまざまな機関がその型を予想して予防接種株を作ります。

でも、実際の流行株と型が一致する可能性は、高くないようです。

一致した場合は、70~90%の発症防止が期待できます。

 

インフルエンザは人から人へ感染するので、人口の大多数が予防接種をしないと、効果がないとの見方もあります。

ですが、インフルエンザ脳症だったり、最悪の場合は死亡ということもありえます。

重篤化を防ぐ意味でも、インフルエンザ予防接種は必要という考えも多くあります。

 

ワクチンの副反応は?

どんなワクチンでも副反応がありますが、インフルエンザワクチンにはどのような副反応があるのでしょうか。

 

おもな副反応

・注射部位の紅斑、熱感、膨張、疼痛(とうつう)、掻痒感(そうようかん)、硬結

・鼻水がでる

・倦怠感や頭痛

 

重大な副反応

・アナフィラキシーショック

・急性散在性脳脊髄炎

・ギラン・バレー症候群

・けいれん

・肝機能障害など

 

インフルエンザワクチンは、その製造過程に鶏の卵を使います。

とくに、卵アレルギーなどがある場合には、医師とよく相談して接種を決めるようにしましょう。

 

おもな副反応は通常2、3日で軽快するので、心配ありません。

接種後は最低30分、接種した医療機関で重篤な副反応が起こらないか様子を見ましょう。

異常があった場合は、病院へ急ぎましょう。

 

有効期間は?

一般的に、インフルエンザワクチンを接種して抗体ができるのは、3~4週間後といわれています。

また、その有効期間は5か月程度といわれています。

 

インフルエンザが流行するのは大体1月~2月なので、12月中に予防接種をしておくと、流行中には抗体ができていることになります。

13歳未満は、シーズンに2回接種が必要なので、1回目の接種は11月にしておきましょう。

乳児の場合、抗体ができにくいという特徴があります。

 

毎年流行するインフルエンザ、風邪より少ししんどいくらい?とあまく見てはいけません。

乳幼児は抵抗力が弱く、体力もないため、重篤化するおそれがあります。

ワクチン自体は任意接種ですが、ワクチン以外にもうがい・手洗いなど感染予防につとめましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

ポリオは感染力が非常に強いウイルス!「ポリオワクチン」の接種の大切さをチェック!

  ウイルス感染がひきおこす重篤な症状に対する治療法が確立されていない現在...

冬の感染症対策…子どもの予防接種を受けさせるタイミング

  冬の季節は家族、特に子どもの健康管理に注意を払うと思います。 栄養のある...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る