カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 発疹 >
  5. 子供のじんましんの時の原因と対処を知っておこう

育児・子供の病気

子供のじんましんの時の原因と対処を知っておこう

赤いポツポツ?広がってきている?蕁麻疹(じんましん)、名前は知っているけど、子どもがなったら少なからず慌てることもありますよね。
いざという時にあわてないために、子どものじんましんについて知っておきましょう。

 

子どものじんましんの原因とは何か?

じんましんの原因は多種多様ですが、主な原因は食物・薬物・微生物などのアレルギーや、寒冷刺激・発汗・日光などの物理的な刺激です。
子どもの場合は自然の中で遊ぶ際に、草によるかぶれや、虫刺されによるじんましんを起こしやすいです。


そして、子どもは免疫力が完全ではないため風邪を引きやすいです。風邪を引くと体調が悪化するため、普段よりじんましんを引き起こしやすくなります。
子どものじんましんは、このように原因が多種多様で複数の要因が関わり合っていることが多いので、原因が特定できない事もよくあります。

 
子どものじんましんの症状と特徴

代表的な症状は以下です。
・皮膚の一部が赤く盛り上がる(皮疹)
・みみず腫れ、ぶつぶつの点状、環状のような赤みなど様々
・かゆみを伴うことが多い

通常、ひとつひとつの皮疹は24時間以内に消失しますが、症状が重い場合次々と新しい皮疹があらわれじんましんがずっと続いているように見えます。
跡が残る・皮膚が剥がれ落ちるということはありません。

 

子どものじんましんの注意点

子どもにじんましんの症状が見られたら、
・皮膚の状態を観察しながら安静を保つ
・掻くと広がってしまうため、子どもが掻かないように注意する
・自己判断で薬を使用しない

軽いものなら、冷やすと症状が改善しますが、寒冷じんましんなど冷やしてはいけないものもあるので、様子を観察しながら行いましょう。
通常、1~2時間程度でじんましんはなおってしまいますが、症状が重い場合、1日経っても症状が改善しない場合は、病院を受診しましょう。  

(Photo by:足成 ) 

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

発疹に関する記事

水泡状の発疹ができた…!考えられる病気はなんだろう?

子どもに発疹ができると、原因もわからず不安ですよね。 子どもは発疹ができやすく...

素人判断は危険!風疹と間違えやすい病気

風疹は発熱/倦怠感/発疹などが主な症状ですが、似たような症状で間違えやすい病気...

発疹の体験談

乾燥肌!?冬は特に要注意!

我が家の息子は、よく皮膚科にお世話になるのですが・・・ 乾燥肌のようです・・・ 寒くなってか...

乳児の発疹*冬にガサガサ湿疹!原因は乾燥??

冬になり、子供のお腹、背中、ひじ周りに発疹が出来ました。乾燥が原因?オイル塗っているのに、、寒くなり...

カラダノートひろば

発疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る