カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. その他 >
  6. セロトニン神経が弱まりストレスに弱い人間へ?IT業界とうつ病

メンタル

セロトニン神経が弱まりストレスに弱い人間へ?IT業界とうつ病

 

 

■今や日本に限らず世界中でIT業界が発展し、どの分野にもIT化が進んでいます。
しかし、この急速なIT化は同時に大きな問題を抱えているのです。

IT化によりパソコンによるデスクワークが増え、運動不足が増え、太陽の光を浴びる機会が減少することも問題で、これによって

セロトニン神経が弱まり、ストレスへの耐性が失われてしまいます

またパソコンやインターネットを通して業務を行っても、所詮は目の前にあるのはパソコンであり、直接人間とコミュニケーションをしない状態が続きます。

そうなると共感脳を刺激する機会が減り、逆に仕事のストレスだけがたまりやすくなるのです。
人との触れ合いはストレスを増やすこともありますが、同時にストレスを癒すこともあるのです。


■うつ病とIT化の問題


●セロトニン神経の衰え
運動不足と日照不足でセロトニンが不足する


●ストレスの蓄積
パソコンによる恩恵は、他人との交流によるストレスの蓄積だけ残す。
他人との交流によるストレスを癒す効果は期待できない


■ITの発達によって引き起こされる他者との直接コミュニケーションの機会の減少は、

うつ病のリスクを大きく跳ね上げることに繋がっています

本来、他人とのコミュニケーションはストレス原因でもありながら、ストレスを癒す側面もあったのです。


しかしパソコンとインターネットを通したコミュニケーションにおいて

癒し効果は期待できずストレスだけが蓄積される状況が作り出されてしまいます。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_info.php

/cPath/21_28_69/products_id/4585])

 

 

著者: nobuさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

恋愛が原因で、うつ病になることもある?!

筆者はこれまで、恋愛や不倫、失恋が原因となりうつ病になるケースを多々扱ったことが...

父母のうつ病が原因。お子さんへ与える、家庭の影響

筆者には、離婚からうつ病になり、近所に住む母親の援助を受けながら、お子さん二人...


うつ病になる脳内の心の場所

■人の脳は呼吸や循環、消化などの基本的な生命活動のみならず、生きる動機となる...

新型うつ急増の原因とは?

  従来のうつ病とは違う、新型うつ病が急増傾向にあります。新型うつ病の特徴は、...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る