カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 子どもの喉が腫れている!それはプール熱かも?!

育児・子供の病気

子どもの喉が腫れている!それはプール熱かも?!

抵抗力が弱い幼い子どもは、夏特有の風邪をひきやすいです。

その中でも、喉がはれるという症状が多いようです。

それは通称「プール熱」と呼ばれる病気かもしれません。

 

プール熱について、くわしくご紹介いたします。

 

プール熱ってどんな病気?

プール熱の正式名称は咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といいます。

特徴として、夏季に流行するウィルス感染症です。

アデノウィルスが原因ですが、プールで感染することが多かったり、園や学校でプール開きが始まったころに流行するため、プール熱と呼ばれています。

 

主な症状は、39~40度の高熱が4、5日続き、強い喉の痛みと結膜炎があります。

他には頭痛、腹痛、下痢、嘔吐などの症状がある場合もあります。

激しい喉の痛みにより、食欲が減退し、さらには水分も受けつけないケースもあります。

 

感染経路は?

プール熱という名の通り、プールで感染することが多いです。

アデノウィルスに感染している子の目やに、たん、便などにより、プールの水中にアデノウィルスが放出され、集団感染するケースが多いです。

 

未就園児にはあまり見られない病気ですが、とても感染力が強いです。

就園、就学児の兄弟がいる場合は、下の子も感染する可能性が高いです。

 

治療法は?

残念ながら、アデノウィルスの特効薬はありません。

ですので、治療は対症療法となってしまいます。

 

高熱と同時にのどの痛みと結膜炎も引き起こすので、小児科、耳鼻咽喉科、眼科のどれを受診したらよいか迷う方もいらっしゃるかと思います。

まずは、小児科を受診しましょう。

 

また、強い喉の痛みにより、食欲減退だけでなく、水分もとりづらい場合が多いです。

夏季ということもあり、脱水状態にならないよう、水分は飲める分だけこまめにとるようにしましょう。

それでも水分を受け付けない場合は早めに受診し、点滴などを受けましょう。

 

予防としては、手洗いとうがいを敢行すること、タオルや衣類の共有をしないことなどです。

症状が消えたあとも、2週間ほどは便や分泌物中にウィルスが存在します。

2次感染を防ぐためにも、最低2週間は、子どもの便の処理後は手洗いと消毒を徹底しましょう。

 

集団生活を始める園児に多いプール熱。

普通の風邪と違って、喉の痛みがしつこく続くのが特徴です。

治ったあとも、普通の食に戻るのに時間がかかることもあります。

しばらくはのどごしがよく、栄養のあるものを食べさせてあげるようにしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

耳・鼻・口・喉に関する記事

子どもに増えている花粉症…予防が一番大事です!

  子どもがかかりやすい鼻に関する病気で、近年数を増やしてきているのが花粉症で...

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎何が違う?乳幼児特有の原因と 症状の見極めかた

「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」という鼻の病気を、聞いたことがあるでしょうか? ...

耳・鼻・口・喉の体験談

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

子供の中耳炎◇ぐっすり眠れるツボを教えてもらいました!

急に日記みたいなことを書きますが、良いことを教えてもらったので皆さんにもおすそ分けしますね! ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る