カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 糖尿病予備軍の人が糖尿病を回避するには?生活の「ちょっと変え」で糖尿病回避!

生活習慣病

糖尿病予備軍の人が糖尿病を回避するには?生活の「ちょっと変え」で糖尿病回避!

  

生活習慣病の糖尿病はいきなり健康な人がなる病気ではありません。

毎日の積み重ねから、徐々に糖尿病の発症が近づいていき、「予備軍」になって、そこから糖尿病を発症するのです。

 

糖尿病の手前の状態は、本当にまだ大丈夫?

まだ糖尿病を発症していないけれど、糖尿病一歩手前の状態があります。

「境界型」と言われ、プレ糖尿病と言ったり、糖尿病予備軍と言ったりします。

 

つまり、まだ糖尿病とは診断できないけれど、正常値よりも血糖値が高い人が境界型に分類されます。

「まだ糖尿病じゃない」感覚の方が強いかもしれませんが、「実際に血糖値は高く、あと一歩で糖尿病」と考えた方が良いでしょう。

 

予備軍の間に回復することが重要!

実際、糖尿病予備軍と診断された人は、46%という割合で糖尿病(2型)に進行しているのだそうです。

予備軍と診断されてから生活習慣を改善した人が含まれていると考えたら、改善をしない場合、多くの人が糖尿病を発症すると言えます。

では、具体的にどんなことをすれば糖尿病を回避できるでしょうか?

 

生活習慣のちょっと変えで糖尿病を回避!

まだ糖尿病を発症していないのに、運動をたくさんしたり、厳しい糖質制限をするのは難しい人もいるでしょう。

そんな場合には生活習慣をちょっとだけ変えて、ちょっとずつ生活習慣に変化を入れていってはどうでしょうか?

 

1.間食であまいものは週2回だけ

糖尿病予備軍の人には、おやつなどの間食をよくする人が多くいます。間食を抜いて、食事の際にドカ食いをしてしまうのはよくありません。

そのため無理にやめる必要はないですが、いつも甘いモノばかり食べているならその内容を変えましょう。

お菓子が多ければ、ドライフルーツにしたり野菜チップスにしたり、糖分の摂取量を抑える日をつくってみて下さい。

 

2.アルコールは頑張ったご褒美に週末だけ

アルコールにも多くの糖分が含まれています。そのため毎日のようにビールを飲んでいるというような人は、週末だけなどにしてみましょう。

あるいはお酒の種類によっても、糖質の量が違います。

糖質が少ないアルコール類は、焼酎、スピリッツ系(ジン・ウイスキーなど)があります。

逆に、ビールや日本酒、甘いカクテルなどは糖質が多く含まれますので、それらを飲む場合には日数や量の制限を考えましょう。

 

3.生活の中でちょっと運動してみる

いきなり毎日30分のウォーキングは難しいかもしれません。

ですから、家事をしている間に大股で歩くようにしたり、階段を見つけたらとりあえず降りるだけでもしてみる、としてみましょう。

 

生活の中で「糖尿病」の意識をすることが大事

一度糖尿病予備軍と言われても、そのときには「気をつけなくちゃ!」と思ってもだんだんその気持ちは薄れていきます。

ですから、最初にするのはちょっとした生活習慣の改善でよいです。

その目的は糖尿病の改善もそうですが、生活の中に糖尿病への意識を植え付けることでもあります。

生活の多くの選択肢のときに、「糖尿病だから」という意識をちょっとずつ大きく育てていきましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

氷酢たまねぎってどんな健康効果がある?暖かくなってくる季節は新玉ねぎを使ってみよう!

お酢や玉ねぎが体にいいことは知っている人が多いでしょうが、それを毎日、摂ると...

カロリーゼロで高血糖になる!?宣伝文句だけで判断できない!人工甘味料のワナ

  コーラとダイエットコーラならどちらを選びますか?ダイエットコーラの方を選ぶ...


糖尿病予防のために必要な栄養素~食事でビタミンB群を摂ろう!

    ビタミンB群とはB1、B2、B3、B6、B12、パントテン酸、葉酸、...

グレープフルーツ摂取は『メトホルミン』と同等の効果?!空腹時血糖値=最大17%低下を確認

グレープフルーツと言えば、一般的に薬剤と併用することは禁忌とされ(薬剤の代謝酵...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る