カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. インスリン >
  6. インスリン注射は早く始めるべき?先延ばしにするべき?インスリン注射への正しい認識

生活習慣病

インスリン注射は早く始めるべき?先延ばしにするべき?インスリン注射への正しい認識

糖尿病の治療薬には経口薬や注射のタイプがあります。

生活習慣病によって起こる2型糖尿病の場合、基本的には経口薬での治療からはじめ、注射での治療に移行していきます。

 

注射での治療はできるだけ遅く?できるだけ早く?

糖尿病というと、インスリンを自己注射によって注入し、血糖値を安定させる治療を想像する人も多いでしょう。

これはインスリン療法と言う治療法です。

 

糖尿病予備軍の方や、糖尿病を発症している人は、このインスリン療法を嫌煙しがちなところがあります。

それには「インスリン注射を始めたら一生やめられなくなる」という思いや、「インスリン注射を始めると合併症が悪化する」という思いがあるようです。

 

また、「インスリン注射を開始しないように、運動や食事療法に力を入れる」と思っている人も多いでしょう。

 

しかし実際はどうなのでしょうか?

インスリン療法はできるだけ遅く開始した方がよいのか、できるだけ早く開始した方がよいのか、どちらなのでしょう?

 

2型糖尿病は治らない、むしろ進行する

糖尿病は治らない病気というのは、よく知られていると思います。

そしてその一方で、食事療法や運動習慣、経口薬などで進行をストップさせられるかというと、そうでもありません。

進行を遅らせることはできるかもしれませんが、それでもゆっくりと進行していく病気なのです。

 

インスリン注射の先延ばしは×

できるだけ早めにインスリン注射をするべきということはありませんが、少なくとも先延ばしするのはあまりよくありません。

インスリン注射を先延ばしにしたからと言って、糖尿病の進行が遅くなるわけではありません。

 

むしろ、すでにインスリン注射に移行するべきなのに、運動・食事療法と経口薬だけにとどまっていては、症状を悪化させかねないのです。

 

糖尿病に対する正しい認識を

インスリン注射の開始というと、何となく患者さんには「自分が生活習慣を正さなかったから」という罪悪感を背負ってしまいます。

 

しかし糖尿病は進行していき、いずれはインスリン注射が必要になります。

「もし自分がもっと食事を改善していたら、もっと運動を頑張っていれば…」という気持ちは、過剰に持つ必要はないのです。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インスリンに関する記事

血糖値を下げるかわりに起きるインスリンの副作用とは

  インスリンは、血液中のブドウ糖を吸収しエネルギーに変えるため、膵臓内から分...

進化するインスリンの注射器!今はどんなタイプの注射器があるの?

  糖尿病の方が自分で自分の体に注射を打っているのを見たことがあるでしょうか。...


インスリン療法が適応されるとき

  インスリン製剤は以下のような場合に使用されることが多いです。   ...

自分でする「インスリン注射」ってどんな注射?やっぱり痛いの?

  糖尿病の方が手術を受ける場合や、著しく高血糖の状態になっているときにはイン...

カラダノートひろば

インスリンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る