カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. それは爪の水虫かも!知らぬ間になっている水虫と爪白癬とは?!

気になる病気・症状

それは爪の水虫かも!知らぬ間になっている水虫と爪白癬とは?!

  

 水虫とは、白癬菌という菌が原因で起こる病気。この白癬菌が、足の皮膚から爪の中に侵入すると爪白癬となります。

 

 水虫にもいくつか種類があり、これを放置すると爪白癬になる危険があります。爪白癬になると、治療に36カ月と長期的な治療が必要となり、薬の費用もばかになりません。

 

 爪白癬はかゆみや痛みを伴わず、気付かないうちになっている場合もあるため、水虫と爪白癬の症状を知り自己チェックできるようにしておきましょう。

 

水虫の症状

 水虫はほとんどが足に起こると言われています。今回は足の水虫の症状についてご紹介します。

 

・趾間型:足の指の間が赤くジュクジュクになり皮がむけている、あるいは白くふやけている。

 

・小水泡型:かゆみが強い。小さな水泡ができ、日がたつと赤くなり皮がむける。

 

・角質増殖型:足の裏やかかとが乾燥する。角質が分厚く肥厚し、皮がむけ、ひび割れを伴う。

 

爪白癬の症状

 足の爪に多く見られますが、手指の爪にも起こります。

 

・爪が分厚くなる。

・爪が白く濁る。

・爪が黄褐色になる。

・爪の表面が崩れてぼろぼろになっている。

・爪に筋がたくさんある。

・爪の周りに炎症がある。

 

 爪白癬は、かゆみや痛みを伴わないため注意が必要です。

 

 

 水虫は家族間でうつることが多く、バスマットやスリッパなどを介して知らぬ間に家族にうつしてしまっていることもあります。また集団生活をしていたり、プールや共同浴場の利用が多いのもうつる危険があります。

 

 爪白癬になると、長期間の治療が必要になるため、できれば水虫のうちに病院に行き、早めに治療することが大切になってきます。

 

 足の裏や手がかゆい、赤くジュクジュクして皮がむけたり、ひび割れている。こんな症状があれば、恥ずかしがらずにすぐ病院に行きましょう。また、爪に異常を感じたら、それは水虫かもしれません。大切な人にうつさないためにも、自己チェックが大切です。

 

(Photo by:足成 

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

水虫に関する記事

白癬菌はどこにでもいる?!日常においてできる水虫の予防方法

水虫は白癬菌という真菌類が皮膚の角質に増殖して、寄生することによって発症しま...

水虫を悪化させる原因・対策とは?同じ靴を連日履かないようにしよう

  水虫がなかなか治りにくいときには、水虫を悪化させる行動を取ってしまっている...


水虫などの慢性皮膚病にも効く硫黄泉

  臭いが強い硫黄泉。典型的な温泉の臭いですが、水虫などの慢性皮膚病に効果...

生活環境を改善してきちんと医療機関を受診することが大事!水虫になった場合の対処方法

水虫は、白癬菌が角質に寄生することによって発症する病気です。白癬菌はそこら中...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る