カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 手足口病 >
  6. 暑くなってきたらご用心!夏に流行る手足口病の予防法

育児・子供の病気

暑くなってきたらご用心!夏に流行る手足口病の予防法

手足口病とは、その名の通り、口の中や手足などに水泡性の発疹が出る病気です。

主に5歳以下の子どもを中心に、夏ごろに流行しています。

基本的には自然に治るとされ、特効薬もありませんが、集団感染が起こりやすいので保育園などへの通園が難しくなります。

 

手足口病の具体的な症状

ウイルスに感染してから3~5日後に、口の中や手、足などに数ミリの水泡性発疹が出ます。

全ての場所に発症するわけではなく、口の中だけに出たり、手のひら、足の裏だけに出る場合もあります。

 

また、発熱をともなうこともありますが、ほとんどの場合はあまり高熱が出ません。

口の奥にできた場合は、発見が難しい場合もありますが、食べるときに不機嫌になったり、飲みこみにくそうにすることがあります。

発疹が出ても、特に痛みやかゆみがないのも特徴です。

 

まれに合併症を引き起こす場合もあるので、受診して経過を観察することも大切です。

 

感染する原因

病気の原因となるウイルスは何種類か存在しています。

ほとんどのウイルスは軽症ですみますが、中には重症化するウイルスもあるので、注意が必要です。

 

感染経路は、主に飛沫感染、接触感染、糞口感染が知られていて、特に集団生活をおくる保育園や幼稚園などの施設では、集団感染が起こりやすくなります。

 

予防策と対処法

手足口病は特効薬も無ければ、感染しないためのワクチンなどもありません。

 

基本的には自然に治る軽い感染症と考えられますが、集団生活を行う保育園、幼稚園などでは、園児の集団感染を防ぐために、手洗いやうがいなどがすすめられています。

 

他にも、症状がおさまった場合でも排泄物にウイルスが含まれている可能性があるので、オムツなどをきちんと処理することも大切です。

 

発熱をともなって重症化する場合もあるので、発疹が出たら早めに受診し、熱が続くようであれば経過をきちんと観察するようにしましょう。

 

筆者の子どもが手足口病を発症したときは、突発性発疹と同時に起こったこともあり、数日高熱が続いたので病院へ何度も足を運びました。

あとで突発性発疹だったと分かったのは、熱が下がって全身に発疹が出た後で、それまで手足口病の重症なケースかもしれないという疑いもありました。

 

軽い症状とも言われていますが、さまざまな症例がある病気でもあります。きちんと受診して経過を観察することが大切です。

 

(Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

手足口病に関する記事

脱水症状に注意!乳幼児の病気「手足口病」の対処法・自宅での食事は?

「手足口病」という病名を、聞いたことがある人も多いことでしょう。 手のひらや足...

子どもの手や足に赤い発疹が!!夏に感染者増加する手足口病の症状とは

  2013年に大流行した手足口病。ここ10年で最も多い感染者が出たそうで...

手足口病の体験談

【一歳】手足口病の実録

一歳三ヶ月の息子が手足口病になりました最初の症状まず発熱から。そして機嫌がすごく悪いことで何かヘンだ...

手足口病にかかっちゃった!

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です! 今回は、現在幼稚園年少の長女が手足口病に...

カラダノートひろば

手足口病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る