カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. かゆみ >
  5. 子どものかく汗は大人の3倍!?汗疹にならないためのポイント

育児・子供の病気

子どものかく汗は大人の3倍!?汗疹にならないためのポイント

赤ちゃんや子どもは汗をかきやすいため、汗疹がよく起こります。

汗疹はかゆみをともなうので、赤ちゃんなどは無意識にかきむしってしまい、なかなか治りにくい場合も。ひどくなる前に、きちんと対策をとっていきましょう。

 

汗疹はなぜ起こる?

たくさんの汗をかいた時、その汗が皮膚の中にとどまって、汗を出す管にあふれてしまうので、炎症をおこして湿疹が出ます。

これがいわゆる汗疹ですが、大人よりも子どもに多くみられます。

 

子どもは大人の3倍の汗をかくといわれています。

その理由は、子どもが大人と同じ汗腺の数を持っているにもかかわらず、体の表面積が小さいからです。

また、子どもは動きが活発で自分で汗をふいたりすることができないので、どうしても汗が皮膚にたまりやすくなってしまいます。

 

汗疹の種類と治療法

汗疹には大きく3つの種類があり、それぞれ治療法が異なります。

 

・水晶様汗腺(白く水泡状で小さい)

もっとも軽い症状です。自然治癒します。

 

・紅色汗疹(赤くなりかゆみをともなう)

もっとも多くみられる症状です。ステロイドを塗って緩和させます。

 

・深在性汗疹(白く皮膚の深いところで起こる)

医療機関での検査が必要です。

 

子どもに多くみられるのは紅色汗疹です。

皮膚科などでステロイドを処方してもらい、症状がおさまるまで塗り続けるようにします。

 

途中で塗るのをやめて、またかゆみが出てしまうと、かきむしって「とびひ」になってしまう危険性もあるので、ステロイドを使っていっきに治してしまうことが大切です。

 

オススメの予防策

汗をかいたらすぐに拭きとってあげましょう。

シャワーをあびるのも効果的ですが、夏の肌は思ったよりも乾燥しているので、石鹸などで洗うのはお風呂に入る時だけにします。

 

他にも、汗を吸収して速乾性のある素材の服を選んだり、ねんねの頃の赤ちゃんなら、タオルや汗とりパットを背中にいれてあげて、汗をかいたらぬきとってあげるのもオススメです。

 

エアコンや扇風機などもうまく利用して、汗を肌にとどまらせない工夫をするようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: hanasuzumeさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

かゆみに関する記事

痒みの原因は虫さされやアトピーだけではない!意外すぎる?痒みを引き起こしてしまう3つの原因

お子さんが「痒い痒い」と訴えてきた時、患部を見ても何もなっていない…何も出来...

こどもの皮膚欠乏湿疹の症状とは?

    こどもの肌がカサカサしていて、激しい痒みを伴う“皮膚欠乏湿疹”。この...

かゆみの体験談

突然の身体の湿疹に病院へ急ぎました!

 産まれてから乳児湿疹もほとんど出来なくて、あまり肌関係で悩むことはありませんでした。しかし、秋ごろ...

切ない…!湿疹と虫刺されのこと

4月に娘がうまれ、きっと夏にはおむつかぶれやあせもがすごいんだろうなぁと思ったので、一応産前にベビー...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る