カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 検査 >
  5. 数値 >
  6. 糖尿病には3つの型があるって知ってる?糖尿病診断の前に知っておこう

生活習慣病

糖尿病には3つの型があるって知ってる?糖尿病診断の前に知っておこう

2型糖尿病の診断には、血糖値はもちろんのこと、家族歴や体重歴、生活習慣などからも総合的に判断します。

とはいっても、目に見える数値での区切りは糖尿病の診断に欠かせません。

 

糖尿病診断の前に知っておきたい「型」

糖尿病診断は3つの型の分類によって行われます。

 

ひとつは「正常型」で、これはつまり血糖値から考えて健康の範囲内ということです。

 

もうひとつが「境界型」で、正常型よりも血糖値が高いのだけれど、血糖値は高めの状態が続いているケースです。

これは糖尿病予備軍とも言われるゾーンで、ここから正常型に戻ることもできるし、糖尿病の発症につながることもあります。

 

最後が「糖尿病型」です。

これは言うまでもなく糖尿病を発症した状態です。治療を進めても糖尿病型から境界型にもどることはできません。

 

2型糖尿病の診断基準

血糖値による2型糖尿病の診断基準をご紹介します。

 

>正常型

空腹時血糖値 … 110mg/dl未満

および

75OGTT2時間値 … 140mg/dl未満

 

※空腹時血糖値とは、空腹の状態で採血したときの血糖値です。

75OGTT2時間値とは、ブドウ糖負荷試験とも言います。

ブドウ糖75gを摂取し、30分後、1時間後、2時間後と採血をして血糖値を測る検査です。

 

また正常型であっても、75OGTT2時間値の、1時間後の数値が180mg/dl以上の場合は糖尿病発症のリスクが高いと判断されます。

そのため、境界型に応じた対処が必要と考えられています。

 

 

>糖尿病型

空腹時血糖値 … 126mg/dl以上

または

75OGTT2時間値 …200mg/dl以上

または

随時血糖値 … 200mg/dl以上

または

HbA1c … 6.5%以上

 

※随時血糖値とは、空腹などの条件を指定しないで測定した血糖値です。

HbA1cとは、ブドウ糖とヘモグロビンが結合した状態で、この値を知ることで過去12ヶ月前の血糖値を推定できます。

 

>境界型

正常型にも糖尿病型にも属さない場合

 

基本的には複数回の測定で診断されます!

ケースによりますが、一度糖尿病型に属する数値が出たからと言って、すぐに糖尿病と診断されるかというと、そうではありません。

基本的には初回に糖尿病の診断基準に引っかかった場合、再検査を行い、そこで再び数値が糖尿病型に入れば診断が下されます。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

数値に関する記事

重要なのは「空腹時血糖値」?「食後血糖値」?どっちの血糖値を大事に考えるべき?

血糖値の数値には色々と種類があるのを知っている人もいるでしょう。その中で「食...

「血中インスリン活性検査」で糖尿病をより精密に知る!

  糖尿病を語る上で「インスリン」という単語は外すことができません。血中の糖の...


糖尿病患者=血糖値が高い状態の人ではない!糖尿病の診断基準は血糖値だけではありません!

  現代は、成人している日本人の4人に1人が糖尿病もしくは糖尿病予備軍とも...

気にするべきは血糖値だけじゃない!糖尿病患者さんが気にするべき「血圧」とは

糖尿病患者さんはどうしても「血糖値」にばかり目が向きがちです。しかしながら、...

カラダノートひろば

数値の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る