カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. 制限がいっぱい?食べられないものが多い?ありがち!?糖尿病食事療法への誤解

生活習慣病

制限がいっぱい?食べられないものが多い?ありがち!?糖尿病食事療法への誤解

糖尿病の食事療法というと、どんなものを想像するでしょうか?

糖尿病は食事で摂取する糖を、体の中でうまく調整できなくなる病気です。

そのため、食事内容と糖尿病治療は深く関係しますし、最も効果のある治療法と言えます。

ここでは、多くの人が抱いていがちな糖尿病食事療法への誤解についてご紹介します。

糖尿病食事療法の誤解

糖尿病を発症している人の食事というと、制限がたくさんあるイメージはありませんか?

実際、尿に余分な糖が含まれるほど過剰にエネルギーを摂取しているという人は、大食習慣がついているので食事療法はつらいかもしれません。

しかし、食事療法に対する誤解があるのも確かです。

 

こんな風に思ってない?食事療法への誤解

多くの人が思いがちな、糖尿病の食事療法の誤解をご紹介します。

 

>糖尿病になると食べられないものがある!…×

糖尿病になったからといって、食べられないものが出てくるということはありません。

ただ、どんなものでも際限なく食べてよいということではもちろんありません。

 

>糖尿病食ってダイエット食のこと?…×

糖尿病食だからといって、カロリーの低いものを選ばなければいけないということにはなりません。

ただ、カロリーを抑えることは必要です。これは糖尿病自体というよりは、糖尿病による合併症を予防するためです。

総合的なカロリーを抑えられれば、揚げ物などを食べても問題ありません。

ちなみに一般向けのカロリーを抑えたお弁当などでは、糖尿病においては炭水化物が少し多いです。

 

>糖尿病って糖分をできるだけとらないほうがいい?…×

糖尿病だと炭水化物や甘いモノを食べてはいけないイメージはありませんか?

しかし、実際それらは体に必要な栄養素で、ある程度は摂取しなければいけません。

一方で、とりすぎるのもよくないということなのです。

 

また、糖分を極端に制限してしまうと、それまでの食事との差がありすぎてストレスを感じやすいです。

ストレスというのは糖尿病の症状を悪化させる要因にもなりますので、結果的に逆効果になるのです。

 

何でも食べられるけど節度が必要

糖尿病になったときの食事療法は、特に食べるものを規制されるものではありません。

 

しかしどれを食べるのだとしても、そこには「節度」が必須になります。

糖尿病の人の体がどんな状態なのかを理解し、食事がどんな影響を与えるのか理解し、食事療法を正しく行えるとよいですね。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

血糖値を上げにくいだけじゃない!糖尿病に嬉しいオリゴ糖

  糖尿病患者さんにとって、糖質というとすぐに思い浮かぶのはブドウ糖ではないで...

糖尿病の食事管理に「食事宅配」を利用するメリットとデメリット

    糖尿病の方はどうしても食事管理をきっちりしなければいけません。外食、...


良質の油なら健康に良い

 油は健康に悪く成人病の原因になるというのが一時期常識となっていました。実はこれ...

果物に糖尿病のリスクを低下させる成分が?糖尿病の食事療法

    果物には野菜などと比べ、糖がたくさん入っています。しかし、最近の研究...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る