カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 飛沫感染する恐ろしい病気「結核」でも結核は予防注射で防げる病気なんです

育児・子供の病気

飛沫感染する恐ろしい病気「結核」でも結核は予防注射で防げる病気なんです

少し前の時代では、結核はとてもこわい病気と認識されていました。

名前は聞いたことあるけど、くわしく病気のことがわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

今でも、結核にかかる可能性は十分あります。

結核がどのような病気なのかを知り、かからないための予防策を知っておきましょう!

 

■飛沫感染する

結核は、肺が結核菌というウィルスに感染してかかる病気です。

結核の人がせきをしたりすると、そこからウィルスが飛沫して感染します。

 

乳幼児の場合は、多くが家族からの感染です。

ですから、お父さんお母さん、親戚などに結核感染者がいないかを確認してください。

 

結核は感染したとしても発症しないで、そのまま体内にウィルスだけ潜伏している場合が多いです。

しかし乳幼児の場合は、すぐに発症する可能性が大きいので、注意しなければなりません。

 

■結核の症状

 乳幼児が結核にかかった場合の症状としては、

・元気がない

・痰が絡んだ咳をする

・食欲がない

・顔色が悪い

・熱が続いているなどがあります。

 

これらの症状が長く続くと、髄膜炎を起こして重症化してしまう可能性があります。

気をつけなければなりません。

 

髄膜炎になると嘔吐、けいれん、意識障害なども出てきます。

命にかかわる危険性もあるので、おかしいなと感じたら早めに病院へ。

 

■BCGを接種しよう

結核の予防策は、予防接種です。

BCG注射というものを接種しておきましょう。

 

この予防接種は生後3か月以降からでき、地域で団体接種をおこなっている所もあります。

また、ほとんどは市区町村から予防接種の案内が郵送されるので、しっかりと接種しておきましょう。

わからないことがある場合は、かかりつけの小児科などに相談してみてくださいね。

 

赤ちゃんは生まれてから数か月はママの免疫に守られていますが、結核の免疫はママからもらうことができません。BCGを接種して予防しましょう。

 

また、家族の中に結核感染者がいないか、定期的に健康診断を受けるなど、家族も注意をはらうといいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他の子供の病気に関する記事

夜中に足が痛い!子どもの成長痛はどう対処すればいいの?

ときどき夜中に子どもが「足が痛い」と言うんだけど、これって何かの病気…?   ...

こわい子どものけいれん…!熱性けいれんは冷静に状態を観察しよう!

みなさんは「熱性けいれん」をご存知ですか?   熱性けいれんとは、文字通り熱を...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る