カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 乳幼児が結核と診断された!結核と診断されてから治療まで

育児

乳幼児が結核と診断された!結核と診断されてから治療まで

もしも赤ちゃんが結核にかかってしまったら、どうすればよいのでしょうか?

 

少し前の時代では、こわい病気として認識されていました。

今では医学の発達により、よりよい薬が開発されています。早期に発見、治療をすれば治る病気なのです。

もしものときのために、結核の治療法を知っておきましょう。

 

■結核と診断されるまで

結核は、肺が結核菌に感染する病気です。

大人の場合は、長期間せきが続いているなどの症状がわかりすいです。

乳幼児の場合は、そういった症状があまり目立たないことも多く、診断がむずかしいのです。

 

乳幼児の結核の症状としては、元気がない、食欲がない、せきがある、顔色が悪い、熱があるなどがあります。

おかしいなと感じたら病院を受診してください。

 

■BCG接種でわかる!

結核を予防するために接種するBCG注射の反応結果で、結核にかかっていることがわかる場合があります。

 

BCGは、接種してすぐには炎症が起きません。

10日ほど経過してから、接種した箇所が化膿してくるのが正しい反応です。

 

結核に感染していた場合には、接種後3日以内に反応して化膿します。

その場合は、ツベルクリン検査というものをおこないます。

48時間後の体の反応を見てから、結核に感染しているかどうかを確認します。

 

■CT検査をする

結核は肺にウィルスが感染するものなので、肺のX線検査をすればわかります。

しかし乳幼児の場合は、X線検査ではうつらないことがあるので、CT検査もする必要があります。

診断が難しいので、総合的にみて判断しなくてはならないのです。

 

■結核の治療法

結核と診断されてから、すぐに発症するとは限りません。

結核菌は、潜伏したままで発症しないケースが多いのです。

 

しかし、発症する可能性としては、1~2年くらいです。

結核に感染していることがわかったら、きちんと治療しておく必要があります。

 

発症する前段階での治療は、半年ほどの投薬治療です。

抗結核薬というものを、半年くらい続けます。

途中、症状が目立たなくなってきたから「もう大丈夫だろう」と自己判断で、途中で薬を止めないでください!

 

ウィルスが体内からいなくなるまでは、しっかり続けることが大切です。

途中で止めてしまうと、また薬を再開した時に、ウィルスに対して薬が効かなくなることがあるのです!

 

発症したら、1年ほどの投薬治療をします。2~3種類の薬を使用して、治療していきます。

 

結核に感染したとわかったら、しっかりと治療をすることが大切です。

長期間の投薬はとても大変ですが、きちんと治せば完治しますので、最後までがんばりましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の子供の病気に関する記事

赤ちゃんの先天性心疾患「冠動脈瘻」の症状・治療法を知ろう!放置すると命に関わることも…

赤ちゃんの先天性心疾患のひとつに冠動脈瘻という病気があります。 比較的まれ...

起立性調節障害は治るの?子どもとの接し方を学びましょう!

  起立性調節障害は、日内リズムの乱れが原因で自律神経のリズムが崩れ、さまざまな...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る