カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. 知らなきゃ損!?コーヒーは糖尿病に良い?悪い?糖尿病とコーヒーの関係

生活習慣病

知らなきゃ損!?コーヒーは糖尿病に良い?悪い?糖尿病とコーヒーの関係

コーヒーは毎日のように飲んでいる方もいるでしょう。

健康な方ならば、毎日コーヒーを飲むのもよいかもしれません。

ですがコーヒーは刺激物ですから、糖尿病の人などは気をつけなければいけない点もあります。

 

今回は、コーヒーが本当に糖尿病に良いのか悪いのか…糖尿病とコーヒーの関係についてまとめました。

 

コーヒーは糖尿病に良い?悪い?

コーヒーは糖尿病に良いと言われることがある一方、糖尿病に悪いと言われることもあります。

それは糖尿病の「発症前」に予防として飲むのと、「発症後」に飲むのとでは大きく変わってきくるためです。

 

>予防として飲むコーヒー

コーヒーは糖尿病の予防として飲むのなら効果があるとされています。

これについてはまだ研究が進んでいる段階ということもあり、はっきりとした理由はわかっていません。

 

考えられている理由としては、コーヒーに含まれるクロロゲン酸という物質が血糖値の調整に一役買っていると考えられています。

このクロロゲン酸には強い抗酸化作用があり、体の中の炎症やストレスを抑えているとされています。

 

 

また、コーヒーに含まれるカフェインがインスリンの分泌を促進し、血糖値を減少させるということも考えられているそうです。

 

>糖尿病患者さんがコーヒーを飲むリスク

一方で糖尿病を発症した後にコーヒーを飲むことには、リスクがあるとされています。

糖尿病の予防においてコーヒーに効果があるとなると、「コーヒーは糖尿病にいい」となってしまうかもしれませんが、必ずしもそうではないのです。

 

というのも、コーヒーに含まれるカフェインは食後の高血糖を引き起こしてしまう可能性が大きいのです。

さらに、血圧を上昇させる働きもあるとされており、高血圧の合併症のある人は危険です。

 

また、糖尿病の治療薬を服用している人は特に注意が必要です。というのも、病院で処方される糖尿病の治療薬の中には、カフェインの分解を抑制してしまうものもあります。

 

うすると、分解されないカフェインが体内に残ることで、カフェインの作用が強く残ってしまうという可能性があります。

 

そのため、コーヒーをよく飲むという人は、医師にあらかじめしっかりと相談しておく必要があります。

 

 

糖尿病予備軍の人も注意!

予防としてコーヒーを飲むのは効果がありそうですが、糖尿病予備軍と言われるようなすでに血糖値が高い人は注意しましょう。

血糖値が高くて糖尿病を予防したいという人は、自分の判断だけで予防を開始するのではなく、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

豆知識に関する記事

人体が必要とする糖の量

 糖質は人体が必要とする栄養素で三大栄養素と言われる炭水化物のことです。この炭水...

高齢者の糖尿病における食事の基本!糖尿病の食事療法

    高齢な糖尿病患者の方をご家族にお持ちの方もいると思います。今回は高齢...


糖尿病とアルコールは相性が悪い?アルコール摂取の制限の有無と量

    糖尿病を発症している場合、アルコールの制限をしますが、全く飲んではい...

糖尿病に効果のある食品を選ぶコツ

  インターネットの画面に 「糖尿病 効果 食品」 といったキーワードを入れて...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る