カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. >
  5. 乳幼児のウイルス性胃腸炎に要注意!症状の見分け方・対処法

育児・子供の病気

乳幼児のウイルス性胃腸炎に要注意!症状の見分け方・対処法

赤ちゃん

嘔吐や下痢の症状が激しく現れる胃腸炎。

自分で思うように水分を摂ることが難しい赤ちゃんにとってはとてもツライ症状ですよね。

その症状や対処についてまとめましたので、ママは要チェックです!

 

■コレってもしかして胃腸炎!?症状の見分け方

・嘔吐と下痢

気持ち悪い、吐き気がする、何を食べても飲んでも吐いてしまう。また、腹痛を伴って下痢や水様便が見られます。

ミルクや母乳時期の赤ちゃんは便も水様便であることが多いと思われますが、吐き方が異常だと思われる時には胃腸炎を疑ってもいいでしょう。

 

・腹痛や発熱

嘔吐や下痢に伴って腹痛が見られることがあります。

また、インフルエンザのようにぐっと高い熱が出るわけではありませんが、37〜38℃台の発熱症状が見られる場合もあります。

 

・冬場に流行しやすい

夏場の嘔吐や下痢は、細菌性によるものや食中毒も疑われますが、冬場に繁殖する風邪などのウイルスによる「胃腸風邪」の可能性が高いのです。

 

■どうやって対処したらいいの?

ウイルス性であるかどうかの診断も可能ですが、自費検査ですし、結果が出る頃には症状が落ち着く場合もあります。

また、ウイルス性だからといって特効薬がある訳ではなく、症状に対する緩和治療が主になります。

 

・脱水症状にならないように水分補給を!

とにかく嘔吐・下痢を繰り返すことによって、体の水分はどんどん失われていきます。

特に乳幼児期はミルクや母乳が栄養補給の主流なので、栄養も摂れなくなってしまいます。

大人であれば点滴治療などで水分・栄養分を補給することもできますが、赤ちゃんはそうもいきません。

 

一度に与える量を少量にし、2〜3時間おきの授乳・ミルク間隔にとらわれず、白湯やベビー麦茶などもこまめに飲ませてあげましょう。

 

幼児の場合も同様です。固形物を食べるのは避け、白湯、麦茶、スポーツドリンクなど少量ずつ摂取させてあげましょう。

 

・吐瀉物や便の後始末は要注意!

吐いたもの、便には大量のウイルスが混じっています。吐瀉物・便からの感染の可能性がありますから、後片付けをするママやご家族は特に注意が必要です。

手袋やマスクをすること、終わった後は手洗い・消毒を徹底しましょう。

 

症状が消えた後も、便にはウイルスが混じる可能性がありますので、お風呂は別にし、ベビーバスを使ってあげるとよいでしょう。

 

■乳幼児に多く見られるロタウイルス

乳幼児のウイルス性胃腸炎を引き起こすウイルスとして最も多く見られるのが「ロタウイルス」です。

この「ロタウイルス」に感染すると、便の色が白くなることがあります。

白色便性下痢症と呼ばれるこの症状が見られた時には、ロタウイルスの感染と考えられます。

 

乳幼児の場合には脱水症状が進むと入院治療が必要になる場合もありますので、早めに医療機関を受診して医師の判断を仰ぎましょう。

 

・できる範囲で予防しよう!

効果的といえる予防は、まずは手洗いです。

外出から帰宅した際、食事の前、トイレの後…ママは調理の際にも気をつけたいですね。

テーブルやドアノブ、床などはアルコールスプレーで軽く拭き取ってあげるだけでも効果があります。

子供が遊ぶブロックなども、可能なら定期的に拭き取ってあげたいですね。

 

また、ロタウイルスは予防接種も可能です。

乳幼児期は重症化するケースも少なくありませんから、1歳未満の赤ちゃんは他の予防接種スケジュールと調整しながら、予防接種も検討してみましょう!

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸に関する記事

ストレスが原因であることも多い~過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群は、慢性的な下痢や便秘の症状があり、検査をしても他...

子どもが腸重積症!?異変に気づいたらすぐに病院へ!

腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)という病気をご存知ですか?   腸重積症とは...

腸の体験談

白い便・ロタウイルス!?

先日の気管支喘息から食欲が無く、ぐずる日が続いています。 珍しく朝からウンチをしたようだったのでオ...

小腸狭窄その後

退院後の追記を少々。 家に帰ってからも、母乳だけという事はなく、エレンタールという栄養補水液のよう...

カラダノートひろば

腸の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る