カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. これがあったら脱水症…?命に関わる「脱水症」の症状と対策!

育児・子供の病気

これがあったら脱水症…?命に関わる「脱水症」の症状と対策!

夏は熱中症で脱水に、冬は嘔吐下痢症で脱水に…。

 

子どもは脱水症になりやすく、季節を問わず脱水の危険にさらされています。

脱水症の症状と対策について、くわしくご紹介します。

 

脱水症とは?

脱水症とは、体の成分のうち、水分が不足している状態です。

嘔吐下痢、発熱などで体から水分が排出されたり、激しい嘔吐で水分を摂取できなくなると、脱水症におちいりやすくなります。

 

乳幼児が脱水症になりやすい原因としては、以下が考えられます。

・体に占める水分の割合が多い

・細胞の周りに水分が多い

・病気にかかりやすいので、嘔吐・下痢・発熱などの症状を起こしやすい

 

こんな症状があったら、脱水症かも?

・食欲がない

・一日を通して不機嫌で、あやしても泣き止まない

・泣いているのに、涙が出ていない

・ぐったりして元気がない

・発熱しているのに汗をかいていない

・尿の量が少なく、オレンジがかった濃い色の尿が出る

・便秘、便が硬い、コロコロの便が出る

・口や鼻の粘膜が乾いている

・舌が白っぽくなっている

 

このような症状がある場合、かかりつけ医に相談してください。

また、上記のような症状がなくても、長期間、嘔吐や下痢、発熱があり、水分が満足にとれていない場合は受診するようにしましょう。

 

目が落ちくぼむ、眠りがち、皮膚に弾力がなくなる、呼びかけに対して反応がにぶいなどしたら、危険な状態です。

すぐに受診するようにしましょう。

 

脱水症には経口補水液

嘔吐、下痢、発熱をしている場合は、脱水症になる前に、こまめな水分補給をしましょう。

薬局などに売っている市販の経口補水液が有効ですが、イオン飲料やリンゴジュース、ニンジンジュースなどでも結構です。

まずはひとさじずつ与えてみて、嘔吐しないようであれば、少しずつ量を増やしてください。

飲めるようであれば、飲みたいだけ飲ませてあげましょう。

 

また、嘔吐がある場合は、固形物を与えないように注意しましょう。

嘔吐が完全になくなって、水分→流動食→半固形物→固形物と段階を経て元に戻していきましょう。

まずは嘔吐、下痢の対処というより、脱水症への対処が先決です。 

 

脱水症は早めの発見がカギになってきます。

何か具合がおかしいなと思ったら、すぐにかかりつけ医を受診しましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他の子供の病気に関する記事

子どもが「起立性調節障害」…どう治療していくの?親ができるコト

最近、朝起きてこないな… なんだかいつも集中力がなくだらだらとしているな…と子...

赤ちゃんも多血症に…?!赤血球が多くなる「新生児多血症」

  「貧血」を聞いたことがある人は多いと思います。血液中の赤血球が少なくなると...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る