カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 3歳以上 >
  5. 言葉 >
  6. 子供のどもり…病院へ行った方がいいの?吃音の症状と対処とは

育児・子供の病気

子供のどもり…病院へ行った方がいいの?吃音の症状と対処とは

吃音とは言葉に詰まる様子です。

 

吃音の症状

吃音の症状は多岐にわたっていますが、いずれもどもっているということに変わりはありません。

 

言葉の最初の部分を何度も繰り返す(例:おはようと言おうとしてお、お、おはようと言ってしまう)、音を伸ばす(例:ありがとうと言おうとしてあーりーがとうと言ってしまう)などが吃音の代表的な症状です。

吃音が何らかの病気の症状ということはほとんどありません。

 

大部分の吃音は自然と治るので、病院に行かないという選択肢もあります。

 

ただし、小学生になってもなかなか吃音が治らない、本人が吃音を気にしているときには病院での発声訓練を受けることをお勧めします

 

吃音の子の扱い方

吃音の子は、自分の話がうまく伝わっていないことはわかっています。

そこで親御さんに叱られてしまうと自信を無くし、どんどんしゃべらない子になる可能性もあります。

 

親御さんは吃音の子に対して、人よりちょっと発声の経験が少なく、発音が遅れているだけと考えておいた方がよいです。

 

吃音の子が喋っている間は、吃音を理由として遮らないでください。

 

理解しにくかったらもう一度聞いても良いので、しゃべることは恥ずかしくない、という意識を身に付けさせましょう。

 

もしも家庭で心理的な負担を大きく感じているようであれば、ストレス解消をするのも吃音の治療に効果があります。

 

好きなこと、楽しいことの割合を増やしたりして、その子にとって家庭を居心地のよい場所にしてあげます。

 

(Photo by //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=479)

著者: K兵部さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

言葉に関する記事

一般的に「どもり」といわれる「吃音症」について

どもり、ともいわれる吃音(きつおん)。 悩んでいる人、悩んでいた人はかなり...

吃音の子どもとの付き合い方 どんな症状?治るの?子どもとの接し方は?

吃音(きつおん)の生涯経験率(一生のうち吃音を経験する割合)は、5%程度とい...

言葉の体験談

3歳児の女子会も・・・おもしろい!

お菓子とお茶とおしゃべりが大好きなのは 3歳児も一緒です(笑)しっかり4人でおしゃべり先日、お友だ...

胎内の記憶ってあるんですね。うちを選んでくれてありがとう!!

これは息子が4歳の誕生日を過ぎたある夕食時の話です。いつも通り家族で食卓を囲んでお話をしていました。...

カラダノートひろば

言葉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る