カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 合併症の足の合併症「末梢動脈疾患(PAD)」症状とは?どんな検査があるの?

生活習慣病

合併症の足の合併症「末梢動脈疾患(PAD)」症状とは?どんな検査があるの?

糖尿病は全身の血管が影響を受けるだけに、様々な合併症が起こります。

そんな合併症のひとつが末梢動脈疾患(PAD)です。

これは自分で気づかない内に進行することも多く、決して軽視できない合併症です。

 

今回は、そんな糖尿病の合併症の末梢動脈疾患(PAD)についてまとめました。

 

末梢動脈疾患(PAD)とは

そもそも末梢動脈疾患(PAD)とは何でしょうか?

まず末梢動脈とは、手足の血液を届ける動脈のことを言います。これらの動脈が糖尿病などが原因で動脈硬化を起こしたとします。

 

すると、手足に届くはずの血液が十分にいかなくなります。

これによって起こるのがPADです。

 

血液の供給が十分でなくなるために、手足がしびれたり、痛みが生じたり、逆に糖尿病では感覚が鈍感になることもあります。

ひどい場合には潰瘍から壊疽が起こることもあります。

 

糖尿病では主に足におけるPADが見られ、フットケアの重要性などが叫ばれています。

 

糖尿病患者のPADの検査

先にも書いたように、糖尿病のPADは足に起こりやすいです。そのため、足の状態をみていくことが多いです。

ではどんな風に検査が進められていくのでしょうか?

 

 

>足についての問診

生活の中で足についての事柄について聞いていきます。

足のしびれや痛み、痛みの消失、痛む場所、歩ける距離などを聞きます。

 

 

>足の触診

足を実際に触ってよく観察します。

このときに見ているのは、

・足の温度(冷たくなっていないか)

・体毛の欠損

・色(蒼白になっていないか)

・爪の状態

・感染症の有無

・足の変形

・タコ・まめ・靴ずれの有無や潰瘍化など

 これらの部分を観察します。

 

>動脈拍動触診

脈拍の強弱を確認します。

そけい部・ひざ裏・足首で脈を直接触って確認したり、聴診器で音を聞いたりします。

 

動脈が狭くなったりつまっている部分があるときには、脈が弱くなったり、触れられなかったり。雑音が聞こえたりします。

このとき、拍動を増幅する装置で検査を行うこともあります。

 

 

>血圧の検査

ABI検査といって、血管疾患の検査でよく行われる検査です。

足関節と、上腕の血圧を比べるもので、仰向けに寝た状態の血圧を測定します。

 

健康ならば足の方の血圧が、腕よりも1.11.2倍高い値を示します。

しかし動脈に問題があると、数値が逆になります。

 

必要に応じて他の検査も…

基本的には上記のような検査が行われますが、必要に応じて他の検査が行われるようになります。

糖尿病のPADはまだ医師の中でも関心の低い分野ではあるそうです。

そのため、どこでどのような検査を受けるべきかは、患者さんの側も少しは知っておくべきかもしれません。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

1型と2型で違う糖尿病性ケトアシドーシスの原因

糖尿病性ケトアシドーシスというのは、糖尿病によって起きる体の異常の一つです。 ...

糖尿病でお腹が痛くなることがあるんです!糖尿病合併症「胃不全麻痺」とは

糖尿病の影響でお腹が痛くなることがあります。糖尿病の合併症としては、血管が障...


神経障害・血流障害・高血糖・・3つの視点から潰瘍に注意する

  足に頻発する糖尿病合併症として代表的なものが糖尿病性潰瘍です。この合併症は...

1型?2型?糖尿病の種類ごとの症状と合併症まとめ

    糖尿病には2つのタイプがあります。   1型糖尿病  自己免疫などが原...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る