カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. プールでうつる!?子どもの水いぼ…感染を避けるための対策

育児・子供の病気

プールでうつる!?子どもの水いぼ…感染を避けるための対策

暑い時期、学校の授業や夏休みに子どもがプールに入る機会は増えますよね、そんな時によく流行を耳にするのが水いぼです。

 

水いぼは、胸・脇の下・手足・肘・膝などに赤いポツポツが出来、中心に白い芯が見える、または中心が少し凹んでいて痛みやかゆみはあまりないという病気です。

 

これから子どもがプールに頻繁に行くと水いぼがうつるんじゃないの?

そんな時のために水いぼについて知っておきましょう。

 

子どもの水いぼの原因

水いぼの原因は伝染性軟属種というウィルスの接触感染です。

皮膚同士の直接的な接触やタオルやビート板などを介しての間接的な接触でうつります。そのため、プールや公衆浴場などが感染の場となりやすいです。

 

子どもの水いぼに要注意

以下の点が当てはまる場合は要注意です。

 

・発症する人のほとんどは10歳未満

・元々アトピー性皮膚炎や乾燥肌の子どもは、皮膚のバリア機能が弱っているためウィルス感染しやすい。

・本人や家族にアレルギーや喘息、蕁麻疹(じんましん)がある場合ウィルス感染しやすく、治りにくい。

 

子どもの水いぼの予防法

水いぼは皮膚同士の直接的な接触や、タオルやビート板を介した間接的な接触でうつってしまいます。

水を介してはうつらないので、ただプールやお風呂に入るだけではうつりません。

 

しかし、子どもがプールや公衆浴場に入る場合、どうしても皮膚同士の接触を完全に避けるのは難しいでしょう。

感染を避けるための対策として以下の方法が挙げられます。

 

・プールから上がる時、よくシャワーで全身を洗う

・タオルや服の貸し借りはしない

・他の人も使うビート版は水で洗ってから使う

・皮膚の乾燥や日焼けを防ぎ、皮膚のバリア機能を健康に保つ

 

暑い時期、子どもがプールや公衆浴場に行く時は、水いぼの対策をして、健康に楽しく過ごせるようにしましょう。

 

(Photo by:足成

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

子どもの水いぼ、放置してもOK?家庭でできるホームケア

子どもがプールや公衆浴場から帰ってきた後、子どもの肌に赤いポツポツが…。 これ...

2015年に日本で大流行の兆し!インフルよりも厄介かもしれないRSウイルス

今年2015年は、RSウイルスの広がりが過去11年で最多と言われています。R...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る