カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. おなかの風邪!感冒性胃腸炎の症状とは?腹痛、下痢、発熱が特徴!

育児

おなかの風邪!感冒性胃腸炎の症状とは?腹痛、下痢、発熱が特徴!

子供が下痢をするようになって、熱もある…。

大人でも子供でも下痢や嘔吐がある場合はウィルス性の胃腸炎が疑わしいですが、ウィルス性の胃腸炎の場合、発熱が伴わないことが多いです。

発熱を伴う場合は、「感冒性胃腸炎(お腹の風邪)」かもしれません。

 

ここではその「感冒性胃腸炎」についてその症状、特徴、注意点をまとめてみました。

 

■感冒性胃腸炎の症状

腹痛、下痢、嘔吐等が現れます。そして発熱を伴います。

「感冒」とは「風邪」と言う意味で、下痢などの胃腸炎の症状+発熱などの風邪の症状が現れるので、感冒性胃腸炎と呼びます。

 

原因としては細菌性のものとウィルス性のものに別れ、それぞれ症状が異なりますが、大体共通の症状として下痢が現れてきます。

乳児は便が水っぽいので下痢が分かりにくいですが、オムツを替えても替えても、すぐにウンチで汚してしまう状態になったら下痢とお考え下さい。

 

■特徴は?

感冒性胃腸炎の患者はそのほとんどが子供です。発熱を伴う下痢や嘔吐が見られます。

色々なウィルスや細菌が原因で起こりますが、ロタウィルスやノロウィルスがよく知られています。

子供はロタウィルス性胃腸炎、大人はノロウィルス性胃腸炎が多いといわれています。

 

ロタウィルスにはこれと言った予防法はありませんが、ノロウィルスは食品衛生や公衆衛生に気をつければある程度は予防できます。

 

■注意点

感冒性胃腸炎の患者の嘔吐物や便には非常に感染力の強いウィルスや細菌がたくさん潜んでいます。処理には細心の注意を払いましょう。

使い捨ての手袋をし、オムツはビニール袋に入れ、処理した後の手は必ず石鹸で洗うようにしましょう。

 

嘔吐した場所は次亜鉛素ナトリウム水を作り布にしみこませ、拭いて消毒しましょう。

500mlの水にキッチンハイター25ml程を入れれば次亜鉛素ナトリウム水の完成です。

 

次亜鉛素ナトリウム水はインフルエンザやノロウィルスの予防にも効果的です。

どちらも冬場流行するものですので、冬場になったら作っておくとよいと思います。

 

子供の下痢、よく観察して、長引く場合は小児科へ連れて行ってくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

骨の成長とは関係なかった!?子どもの成長痛の原因は…

誰もが子どものころに経験のある、「成長痛」。 夜になると足が痛んだり、病院に行...

乳児湿疹、どう治す?ステロイド剤と治療事例

      赤ちゃんのお肌がひどい湿疹に蝕まれている様子は、なんとも痛...

ホームケアの体験談

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

鼻が詰まってねむれない赤ちゃん

娘が風邪をひきました。特に鼻づまりが酷いみたいでつらそうです。 赤ちゃんの鼻風邪、自分で鼻水出せな...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る