カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 神経障害 >
  6. 糖尿病の足病変はこう進行する!その足の変化、年齢のせいと勘違いしていませんか?

生活習慣病

糖尿病の足病変はこう進行する!その足の変化、年齢のせいと勘違いしていませんか?

糖尿病の方は日々のフットケアはどのようにしているでしょうか?

何もしていないという方は、フットケアについて見直した方が良いかもしれません。
今回は、糖尿病の足病変症状、足の変化についてまとめました。

足に症状が出る糖尿病

糖尿病では足の病変が起こることが多いです。

糖尿病自体は全身の血管がダメージを受ける疾患ですが、中でも足の血管が初期にダメージを受けます。

また血流が悪くなることで、血管だけではなく末梢神経もダメージを受けます。

糖尿病で足の病変が起こるのは、こうした血管障害、神経障害、あるはその両方が原因で起こります。

こんな足の症状ありませんか?

足に症状が出るのは、足の末梢動脈が障害を受けているためです。末梢動脈が障害されて出る症状は以下のような進行をたどります。

(1)足が冷たい・足がしびれる・蒼白

(2)歩きはじめると痛みのため歩けなくなるが、少し休むと痛みがなくなる

 痛みは速く歩いたり、坂を歩いたりすると早く出る

(3)安静時にも痛みがある

(4)足の傷が治りにくい・組織が欠損している・炎症がひどい

このような段階です。

(4)はかなり進行した状態で、感染症などが骨に届くと足を切断しなくてはならなくなることもあります。

そして同様に大切なのが「感覚がなくなること」です。

これは足のしびれなどの症状と同じくらい重要です。

もし感覚がなくなっていれば、傷があっても自分で発見できないこともありますので、日々フットケアなどをして足を観察することが大切です。

それを歳のせいにしないでください

年齢を重ねれば足の老化は、他の部分の老化よりも早く実感できます。

そのため、糖尿病で起こるこうした症状を「老化現象」と考えてしまいがちです。

また、だんだんとそうした症状が見られていても、それがいつものことになって気にしなくなることもあります。

糖尿病を持っているのなら、それだけで足の病変には注意を向ける必要があります。
特に家族などの周りの人は、糖尿病患者の方が足を気にしているようであれば、足の状態を他人の目から気にしてあげてください。
(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経障害に関する記事

症状が出てからではもう遅い?!神経障害をいちはやく発見するためにできること

   糖尿病になったら、続いてどんな合併症が起こるのか想像することができます。...

糖尿病で足を失う?決して珍しくない糖尿病の合併症

  糖尿病によって足を失うという話を聞いたことがあるでしょうか。衝撃的な話であ...


糖尿病早期発見で神経障害を防ぐ

 糖尿病の三大合併症の中で比較的、早い段階で起きやすい合併症が神経障害です。高血...

糖尿病で手足のしびれ?…神経障害の治療とは?

  糖尿病を発症すると、毛細血管などの細い血管がダメージを受け、もろくなります...

カラダノートひろば

神経障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る