カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 神経障害 >
  6. 糖尿病の"目の合併症" その症状、目が疲れたからではなく糖尿病のせいかも!?

生活習慣病

糖尿病の"目の合併症" その症状、目が疲れたからではなく糖尿病のせいかも!?

目のトラブルは、目を酷使したり高齢になったりすることでも起こります。

このため誰にでも起こりうることですし、病気でなくても起こりうる症状です。だからこそ、危機意識を持ちにくいとも言えます。

ですが、その症状はもしかしたら目が疲れたからではなく、糖尿病のせいかもしれません。

ここでは、糖尿病の目の合併症についてご紹介します。

こんな目の症状ありませんか?

目の症状というと色々とあります。

 

・近くのものが見えにくい

・ピントが合いにくい

・視野全体にもやがかかったように見える

・視野がぼやける

・中心の視力が低下しているように感じる

・目がむくんでいるように感じる

・黒や赤色の点が見える

 

こうした症状は近くのものを集中して見たときにも起こりやすいですよね。しかしそれ以外にもこうした症状がみられることがあります。その原因のひとつが、「糖尿病の合併症である網膜症」からくる目の症状です。

どうして糖尿病から目の症状が?

糖尿病は全身の血管の病気です。全身の血液が糖の多い状態になっていて、その糖が血管の動脈硬化を引き起こします。

さらにそうした血管の不健康によって、その部分に十分な栄養や酸素が行き渡らずに、その周辺の細胞にダメージが蓄積します。それが目の血管や細胞に影響することで、目の合併症が起こるのです。

 

本当にそれは「目が疲れているから」「歳をとったから」ですか?

もしすでに糖尿病を発症していたら、合併症としての目のトラブルを予想して、早期発見に気を配れるでしょう。

しかし、まだあなたが糖尿病と診断されていなかったらどうでしょうか?なおかつ、高齢だったり、目を酷使する生活を送っていたら、糖尿病による目のトラブルを疑えるでしょうか?

もし原因を思い違いしていて、症状を放っておけば失明の可能性も否定できません。

 

体の状態をきちんとチェック

それを避けるためには、ある程度の年齢になったら年に一回の健康診断などで体の状態を定期的にチェックしましょう。きちんと早期に発見できれば、進行をくいとめられたり、失明を避けられたりします。高齢になったら、定期的に体の状態をチェックするようにしましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経障害に関する記事

症状が出てからではもう遅い?!神経障害をいちはやく発見するためにできること

   糖尿病になったら、続いてどんな合併症が起こるのか想像することができます。...

糖尿病で足を失う?決して珍しくない糖尿病の合併症

  糖尿病によって足を失うという話を聞いたことがあるでしょうか。衝撃的な話であ...


糖尿病早期発見で神経障害を防ぐ

 糖尿病の三大合併症の中で比較的、早い段階で起きやすい合併症が神経障害です。高血...

糖尿病で手足のしびれ?…神経障害の治療とは?

  糖尿病を発症すると、毛細血管などの細い血管がダメージを受け、もろくなります...

カラダノートひろば

神経障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る