カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 神経障害 >
  6. 糖尿病で失明することも…糖尿病の目の合併症!受けておきたい目の定期健診とは

生活習慣病

糖尿病で失明することも…糖尿病の目の合併症!受けておきたい目の定期健診とは

人は目や耳など色々なところから外の情報を獲得します。その中で目からの情報は非常に大きいものです。糖尿病を発症するとその目にダメージを与える可能性があります。

糖尿病で失明することもあるんです!

今回は、そんな糖尿病の目の合併症について、そして受けておきたい目の定期健診についてまとめました。

糖尿病で失明することも…

糖尿病を発症したから失明するわけではありません。ですが、糖尿病の合併症として目のトラブルが生じると、失明につながる可能性があります。

誰だって失明はしたくありません。そのためには糖尿病を発症した後、血糖値をコントロールしつつ、目のトラブルを予防していく必要があります。

 

予防のために眼科検診

糖尿病によって起こる目のトラブルを回避するために、定期的に眼科検診を受けられるとよいでしょう。

では具体的にどのような検査をすることになるのでしょうか?

 

>視力検査

視力が落ちれば見えにくくなりますから、自分で気づけると思うかもしれません。しかし視力はだんだんと落ちていくものですので、かなり落ちないと自分では気づきにくいのです。そのため基本中の基本ですが、客観的に視力を測れる視力検査は欠かせません。

糖尿病の患者さんはレンズの屈折が正常でないことは昔から知られており、それによってモノが見えにくくなっていきます。

 

>眼球運動

糖尿病の患者さんの場合、神経にダメージが及ぶと眼球の動き方に影響が出ることがあります。その影響として、ものが二重に見えたり、まぶたが上がらなくなったりすることがあります。

 

>眼底検査

糖尿病は血管にダメージが及ぶ病気で、眼底はその血管の状態を見ることができます。これによって網膜症になっているかいないかを目で見て判断することができます。

糖尿病患者さんの場合、この検査は散瞳(薬で瞳孔を大きく開かせる)をして診てもらうことが多いようです(糖尿病患者さんは瞳孔が開きにくいため)。またこのとき、薬を用いると車の運転ができませんので注意してください。

 

>眼圧検査

緑内障の検査としても必ず用いられる検査です。眼球内圧は房水という液体によって保たれているのですが、その圧力を測定するのがこの検査です。

 

>細隙灯顕微鏡検査

細隙灯という拡大鏡を用いて、帯状の光を目に当て目の状態を調べる検査です。糖尿病の合併症として多い白内障の検査としても用いられます。

 

症状が出てからでは遅い

目はちょっとした見えづらさや、視界の変化があっても、1つの目がもうひとつの目を補うような形で視界を補正してしまいます。

そのため、はっきりとした自覚症状が出るようになったころには、ある程度病気が進行していることが多いのです。自分で気づきにくいからこそ、定期的に診察を受け、目の健康状態を気にしてあげると良いでしょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経障害に関する記事

最悪だと心筋梗塞になることも…糖尿病の合併症としての神経障害って?

糖尿病それ自体はなかなか自覚症状がないため、その深刻さが伝わりませんが、合併...

糖尿病性末しょう神経障害の分類とは?糖尿病性神経障害について

    糖尿病性神経障害について聞いても、様々な言い方で病気を言われる時があ...


糖尿病の足病変はこう進行する!その足の変化、年齢のせいと勘違いしていませんか?

糖尿病の方は日々のフットケアはどのようにしているでしょうか? 何もしていな...

早期発見したい糖尿病の合併症"神経障害"…糖尿病性神経障害の簡易検査とは?

糖尿病合併症の神経障害は、早めに発見することが必要です。というのも神経障害は...

カラダノートひろば

神経障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る