カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 神経障害 >
  6. 糖尿病の目の合併症!糖尿病網膜症の対処法 血糖値を下げてはダメ!?

生活習慣病

糖尿病の目の合併症!糖尿病網膜症の対処法 血糖値を下げてはダメ!?

今見えている自分の目は、これから先もずっと見えていると言えるでしょうか?健康な人は自信を持ってそう言えるかもしれませんが、糖尿病を発症している人は自信を持って言えるでしょうか?

ここでは、失明の大きな原因のひとつ、糖尿病の目の合併症「糖尿病網膜症」についてまとめました。

失明の大きな原因と「糖尿病網膜症」

成人してからの失明の大きな原因のひとつが、糖尿病の合併症として起こる「糖尿病網膜症」です。

目の構造はよくカメラに例えられますが、網膜はそれで言えばフィルムにあたります。この網膜には細い血管が多くあり、光や色を知覚する神経細胞も多くあります。その血管が高血糖の状態によってダメージを受けていき、起こるのが糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症は糖尿病患者の多くに見られる合併症で、糖尿病腎症、糖尿病神経障害とともに三大合併症のひとつとされています。

 

血糖値を下げてはいけない!?

糖尿病網膜症を合併していると分かった時、「血糖値を急激に下げてはいけない」ということを聞いたことはないでしょうか?

もちろん糖尿病網膜症は高血糖の状態が続いたことで起こる疾患です。それなのにその血糖値を下げるのがよくないというのは、どういうことなのでしょうか?

 

これは実際に報告されていることです。というのも「急激な」血糖コントロールをしてしまうと、一時的に糖尿病網膜症が悪化してしまうことがあるのです。

この理由というのは詳しくは分かっていません。ですが、悪化するケースとしては以下のような人にあてはまりやすいようです。

 

・糖尿病網膜症によって、糖尿病が発見されるなど、治療を受けていない期間が長い

・血糖コントロールがうまくできていない期間が長い

・腎症が進行し透析の導入が間近、あるいは透析導入直後

・肝疾患・血液疾患・感染症などの全身疾患がある

・高血圧あるいは起立性低血圧がある

・妊娠中

・高齢者

 

こうした人に全て症状の悪化が起こるわけではありません。ですが糖尿病網膜症を生じている場合は、きちんとコントロールした下での血糖値対策が必要ということです。

 

もちろん基本は血糖値を下げること

急激な血糖値の変化はよくない影響をもたらす可能性があります。しかし基本的にはやはり、血糖値を適正範囲内にコントロールすることが最も重要です。それによって現状維持、進行をくいとめる、再発を防ぐといったことができるのです。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経障害に関する記事

体を守る知覚機能がなくなる!末梢神経障害に治療法はある?進行を穏やかにするには?

   痛みを感じることは、体を守る機能としてとても重要です。しかし糖尿病になる...

薬の種類が多くてよくわからない!自分でも知っておきたい糖尿病薬の組み合わせ

   治療薬は医師に言われたものをそのまま使っていますか?薬の種類についてお医...


糖尿病の"目の合併症" その症状、目が疲れたからではなく糖尿病のせいかも!?

目のトラブルは、目を酷使したり高齢になったりすることでも起こります。 この...

症状が出てからではもう遅い?!神経障害をいちはやく発見するためにできること

   糖尿病になったら、続いてどんな合併症が起こるのか想像することができます。...

カラダノートひろば

神経障害の関連カテゴリ

神経障害の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る