カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 神経障害 >
  6. 糖尿病の目の合併症!糖尿病網膜症の対処法 血糖値を下げてはダメ!?

生活習慣病

糖尿病の目の合併症!糖尿病網膜症の対処法 血糖値を下げてはダメ!?

今見えている自分の目は、これから先もずっと見えていると言えるでしょうか?健康な人は自信を持ってそう言えるかもしれませんが、糖尿病を発症している人は自信を持って言えるでしょうか?

ここでは、失明の大きな原因のひとつ、糖尿病の目の合併症「糖尿病網膜症」についてまとめました。

失明の大きな原因と「糖尿病網膜症」

成人してからの失明の大きな原因のひとつが、糖尿病の合併症として起こる「糖尿病網膜症」です。

目の構造はよくカメラに例えられますが、網膜はそれで言えばフィルムにあたります。この網膜には細い血管が多くあり、光や色を知覚する神経細胞も多くあります。その血管が高血糖の状態によってダメージを受けていき、起こるのが糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症は糖尿病患者の多くに見られる合併症で、糖尿病腎症、糖尿病神経障害とともに三大合併症のひとつとされています。

 

血糖値を下げてはいけない!?

糖尿病網膜症を合併していると分かった時、「血糖値を急激に下げてはいけない」ということを聞いたことはないでしょうか?

もちろん糖尿病網膜症は高血糖の状態が続いたことで起こる疾患です。それなのにその血糖値を下げるのがよくないというのは、どういうことなのでしょうか?

 

これは実際に報告されていることです。というのも「急激な」血糖コントロールをしてしまうと、一時的に糖尿病網膜症が悪化してしまうことがあるのです。

この理由というのは詳しくは分かっていません。ですが、悪化するケースとしては以下のような人にあてはまりやすいようです。

 

・糖尿病網膜症によって、糖尿病が発見されるなど、治療を受けていない期間が長い

・血糖コントロールがうまくできていない期間が長い

・腎症が進行し透析の導入が間近、あるいは透析導入直後

・肝疾患・血液疾患・感染症などの全身疾患がある

・高血圧あるいは起立性低血圧がある

・妊娠中

・高齢者

 

こうした人に全て症状の悪化が起こるわけではありません。ですが糖尿病網膜症を生じている場合は、きちんとコントロールした下での血糖値対策が必要ということです。

 

もちろん基本は血糖値を下げること

急激な血糖値の変化はよくない影響をもたらす可能性があります。しかし基本的にはやはり、血糖値を適正範囲内にコントロールすることが最も重要です。それによって現状維持、進行をくいとめる、再発を防ぐといったことができるのです。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経障害に関する記事

自律神経の障害で体が不調…それぞれの臓器が障害された場合、どんな対処方法がある?

   心臓の動き、食べ物の消化など、命を維持するための働きをするのが自律神経で...

最悪だと心筋梗塞になることも…糖尿病の合併症としての神経障害って?

糖尿病それ自体はなかなか自覚症状がないため、その深刻さが伝わりませんが、合併...


糖尿病早期発見で神経障害を防ぐ

 糖尿病の三大合併症の中で比較的、早い段階で起きやすい合併症が神経障害です。高血...

知らずに起こる低血糖で交通事故!?無自覚低血糖をなくすには、就寝時の低血糖予防が大事!

   糖尿病患者さんで治療中であれば、低血糖は誰にでも起こりうる問題です。ただ...

カラダノートひろば

神経障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る