カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 糖尿病の人が"頭痛・めまい"を発症したら要注意!どうして足が疲れやすい、だるいなどの症状がでるの?

生活習慣病

糖尿病の人が"頭痛・めまい"を発症したら要注意!どうして足が疲れやすい、だるいなどの症状がでるの?

あまり聞かないかもしれませんが、糖尿病の症状として「頭痛」や「めまい」があるのをご存知ですか?

症状自体はごくありふれたものですが、どうして糖尿病でこうした症状が出るのでしょうか?

 

今回は、糖尿病で起こる「頭痛」や「めまい」について、そしてその対処法などについてまとめました。

 

糖尿病で起こる「頭痛」や「めまい」

糖尿病で頭痛が起こるといっても、頭痛があった→糖尿病と疑えるわけではありません。

一方で、糖尿病を発症していて、頭痛の症状が出たとなったらそれは注意が必要かもしれません。それはめまいにおいても同じことです。

 

どうして糖尿病で、頭痛やめまいが起こる?

糖尿病で頭痛やめまいが起こるのはなぜなのでしょうか?

同時に糖尿病でこうした症状が見られるのは、どうして注意が必要なのでしょうか?

 

原因1 低血糖で起こる

糖尿病で頭痛が起こったら、考えられる原因のひとつが低血糖です。

糖尿病は血糖値の高い状態が続きますが、インスリン注射などで血糖値を下がりすぎると、逆に低血糖状態になることがあります。

 

低血糖になる意識障害などの重篤な状態に陥ることがあり、ここに至る中で「頭痛」や「めまい」と言った症状が起こります。

そのため糖尿病で頭痛などの症状が起こった場合、低血糖の前兆と考えることができます。

 

原因2 動脈硬化で起こる

高血糖の状態が続くと全身の血管がダメージを受けます。ダメージを受けるのは最初は細い血管で、それは脳の血管も例外ではありません。

脳の血管に動脈硬化が進めば、脳の一部の血流が悪くなります。これによって連想するのが脳梗塞や脳卒中だと思います。

この脳梗塞や脳卒中と言った疾患に伴って起こるのが、「頭痛」です。

脳梗塞や脳卒中の場合必ず頭痛が起こるということではありませんが、そうしたケースもあるので注意が必要なのです。

 

原因3 認知症の前兆

脳の血管のダメージと関連しますが、糖尿病を発症していると認知症を発症しやすくなるとされています。

この認知症の前兆として起こることがあるのが、頻繁に起こる頭痛と言われています。

 

糖尿病+頭痛やめまいは速やかな対処が必要!

頭痛やめまいは糖尿病以外の原因でも起こります。そのため、むやみやたらに頭痛やめまいを怖がる必要はありません。

ですが、少なくとも糖尿病を発症している人が頭痛やめまいを感じたときには、危険な状態であることを知っておきましょう。

そのときにすぐに病院に行くなどの対処が出来ればなおよいですね。

糖尿病~どうして足が疲れやすい、だるいなどの症状がでるの?

糖尿病を発症してから、治療をせずに放置したり、自己判断で途中で治療を止めたりすると、合併症を引き起こしやすくなります。糖尿病合併症のうちで最も多いもののひとつに神経障害があります。

 

◆糖尿病と神経障害

糖尿病による高血糖の状態が続くと血流が悪くなり、神経細胞に十分な栄養が行き渡らず、体の先端にある末梢神経の機能に異常が起こるのです。

末梢神経は知覚神経と運動神経と自律神経に分かれています。知覚神経や運動神経の障害は糖尿病の比較的初期の段階から起こり、手足のしびれや痛み、熱さや冷たさの感覚が鈍くなる、こむら返り、筋力の低下などを引き起こします。自律神経の障害では、暑くないのに汗が出たり、たちくらみやめまい、胃腸の働きが悪くなる、吐き気、便秘、下痢、からだのほてり、男性では勃起障害(ED)などの症状が現れます。糖尿病性神経障害は、初期のうちに血糖コントロールなどの治療をしっかりおこなえば、神経機能を回復させることが可能だと言われています。

 

◆糖尿病と足のだるさ

糖尿病の方が足のだるさをうったえることはよくあります。糖尿病では足のような、脳から遠くにあり、細くて弱い神経から神経障害が始まります。では、神経障害がどのように足に影響を与えるか詳しく見ていきましょう。

まず、高血糖の状態がコントロールされずに放置されると、血管内の糖がたんぱく質と結合する糖化という現象が起き、血管壁に糖が蓄積していきます。その結果、血管を痛め、血管の老化現象=血管障害を引き起こします。すると、足にある神経細胞は血行障害により十分な栄養が運ばれてこず、神経障害を起こしてしまうのです。実は糖尿病の合併症はすべてこの血管障害が関係しているのです。さらに、足の動脈の血管障害が進行すると間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる、少し歩くだけで足が疲れたり、痛んだりするといった症状も現れます。これは歩行に必要な、足の筋肉への酸素の供給が、血管障害により上手くできないために起こります。

 

◆糖尿病のフットケア

糖尿病の方はフットケアを日常的におこなうことがとても大切です。糖尿病は神経障害、血管障害、皮膚感染などが絡んで足のトラブルを起こしやすく、神経障害で足の感覚が麻痺していると、ちょっとした痛みなどの異常を感じなくなるため、悪化しやすく、最悪の場合は壊疽という事態になることも少なくありません。また、自分に合った靴を履くことは非常に大切です。なぜならば、合わない靴は靴擦れ、タコ、魚の目などに直結し、抵抗力の弱った皮膚が小さな傷から感染症を引き起こす可能性が高いからです。同じ理由から、水虫を予防するため、吸水性のよい綿の靴下を履いて足が蒸れないようにするのが良いでしょう。できれば毎日、自分の足に傷や変色している箇所がないかチェックし、清潔にした後は保湿クリームで乾燥やひび割れなどのケアをしましょう。

 

糖尿病と足は一見あまり関係がないように見えるかもしれません。ですが、糖尿病の合併症のうちでも比較的多くみられるのが足の症状です。血糖コントロールを上手くおこなうことで、初期の段階ならば、元の状態に戻すことができますので、最悪の壊疽の状態にならないように、毎日のフットケアを怠らないようにしましょう。

 

※参考

糖尿病ネットワーク:[http://www.dm-net.co.jp/calendar/2012/016617.php]

片山隆司・貴堂明世(2012)「図解でわかる糖尿病」主婦の友社

危険信号!糖尿病患者さんにとって、だるさ・胸痛症状が危険な理由とは

糖尿病を発症している人で体のだるさや胸の痛みを感じることがあります。

どちらの症状も日常的に感じるようになると、いつものこととして見逃しがちですが、実は重要な症状だったりするのです。

 

ここでは、糖尿病で起こる体のだるさや胸の痛みについて、そしてその対処法などについてまとめました。

 

この症状って危険なの?

糖尿病の合併症として、「だるさ」や「胸痛」というのはあまり聞かないかもしれません。

しかし、もし糖尿病の人がこうした症状を訴えるのであれば、それは危険信号かもしれません。

 

ではなぜ、これらの症状が糖尿病患者さんにとっての危険信号なのでしょうか?

 

「だるさ」や「胸痛」を引き起こしている動脈硬化

人は高齢になるだけで血管が衰えていきますから、高齢になるほどに全身の血管の動脈硬化が起こります。

しかし糖尿病になると年齢とは関係なく、全身の動脈硬化が早く進行してしまいます。

 

それによって起こるのがこれらの症状なのです。特に「胸痛」症状は注意が必要です。

 

血液が行き渡らないことで起こる症状とは?

>全身の動脈硬化で起こる「だるさ」

体が元気に動くためには、全身の細胞に栄養と酸素が行き渡っていることが重要です。

しかし動脈硬化によって血管の状態が悪くなっていると、各細胞に十分に血液が送られません。

その結果、酸素や栄養も十分に行き渡らず、各細胞が十分に活動できなくなってしまうのです。

また糖尿病の場合、体内のミネラルの量も不足します。

ミネラルが不足すると細胞や筋肉の働きが悪くなるため、これによっても疲労を感じやすくなります。

  

>心臓血管の動脈硬化で起こる「胸痛」

さて、全身で動脈硬化が起こっているということは、心臓付近の血管でも動脈硬化が起こっている可能性が高いということです。

心臓の血管の血液が滞ったときに起こるのが、心筋梗塞や狭心症です。

この場合に症状のひとつとして「胸痛」があります。

心筋梗塞や狭心症となると命に関わる重大な疾患になりますので、決して見逃すことはできませんね。

 

血糖コントロールができていることが重要

糖尿病の方はこうした症状が起こりやすいです。しかし血糖値のコントロールができていれば、こうした合併症もある程度予防ができます。

日頃からの血糖値コントロールに力を入れつつ、こうした症状が出たら十分に注意して対処するようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-10掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖尿病に関する記事

糖尿病の人にピッタリのおやつ・デザートレシピ!オススメお弁当に低糖質のレシピも

糖尿病の人は、なかなかおやつを食べるときも糖分が気になってストレスがたまるも...


糖尿病合併症「胃不全麻痺」とは!「腎不全」合併すると平均余命は5~10年!?「糖尿病性腎症」透析はいつから必要?

糖尿病の影響でお腹が痛くなることがあります。糖尿病の合併症としては、血管が障...

食後の高血糖上昇を抑えるには?

糖尿病と低血糖症 糖尿病は血糖値が高止まりして、心筋梗塞や脳卒中などの危険...

カラダノートひろば

糖尿病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る