カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 糖尿病の人が"頭痛・めまい"を発症したら要注意!それは危険な症状かも…

生活習慣病

糖尿病の人が"頭痛・めまい"を発症したら要注意!それは危険な症状かも…

あまり聞かないかもしれませんが、糖尿病の症状として「頭痛」「めまい」があるのをご存知ですか?

症状自体はごくありふれたものですが、どうして糖尿病でこうした症状が出るのでしょうか?

 

今回は、糖尿病で起こる「頭痛」や「めまい」について、そしてその対処法などについてまとめました。

 

糖尿病で起こる「頭痛」や「めまい」

糖尿病で頭痛が起こるといっても、頭痛があった→糖尿病と疑えるわけではありません。

一方で、糖尿病を発症していて、頭痛の症状が出たとなったらそれは注意が必要かもしれません。それはめまいにおいても同じことです。

 

どうして糖尿病で、頭痛やめまいが起こる?

糖尿病で頭痛やめまいが起こるのはなぜなのでしょうか?

同時に糖尿病でこうした症状が見られるのは、どうして注意が必要なのでしょうか?

 

原因1 低血糖で起こる

糖尿病で頭痛が起こったら、考えられる原因のひとつが低血糖です。

糖尿病は血糖値の高い状態が続きますが、インスリン注射などで血糖値を下がりすぎると、逆に低血糖状態になることがあります。

 

低血糖になる意識障害などの重篤な状態に陥ることがあり、ここに至る中で「頭痛」や「めまい」と言った症状が起こります。

そのため糖尿病で頭痛などの症状が起こった場合、低血糖の前兆と考えることができます。

 

原因2 動脈硬化で起こる

高血糖の状態が続くと全身の血管がダメージを受けます。ダメージを受けるのは最初は細い血管で、それは脳の血管も例外ではありません。

脳の血管に動脈硬化が進めば、脳の一部の血流が悪くなります。これによって連想するのが脳梗塞や脳卒中だと思います。

この脳梗塞や脳卒中と言った疾患に伴って起こるのが、「頭痛」です。

脳梗塞や脳卒中の場合必ず頭痛が起こるということではありませんが、そうしたケースもあるので注意が必要なのです。

 

 

原因3 認知症の前兆

脳の血管のダメージと関連しますが、糖尿病を発症していると認知症を発症しやすくなるとされています。

この認知症の前兆として起こることがあるのが、頻繁に起こる頭痛と言われています。

 

糖尿病+頭痛やめまいは速やかな対処が必要!

頭痛やめまいは糖尿病以外の原因でも起こります。そのため、むやみやたらに頭痛やめまいを怖がる必要はありません。

ですが、少なくとも糖尿病を発症している人が頭痛やめまいを感じたときには、危険な状態であることを知っておきましょう。

そのときにすぐに病院に行くなどの対処が出来ればなおよいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

寿命を左右する合併症…糖尿病の合併症っていつ発症するの?どうやって防ぐの?

糖尿病で一番気をつけなければいけないのが合併症かもしれません。糖尿病を発症し...

いつも眠い・・・糖尿病と睡眠時無呼吸症候群

    ◆睡眠時無呼吸症候群とは   睡眠時無呼吸症候群(Sleep A...


危険信号!糖尿病患者さんにとって、だるさ・胸痛症状が危険な理由とは

糖尿病を発症している人で体のだるさや胸の痛みを感じることがあります。 どち...

合併症の足の合併症「末梢動脈疾患(PAD)」症状とは?どんな検査があるの?

糖尿病は全身の血管が影響を受けるだけに、様々な合併症が起こります。 そんな...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る