カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 8~12ヵ月 >
  5. 動作・行動 >
  6. 子どもが歩きはじめたら気を付けること 最適な靴・部屋の環境とは?

育児・子供の病気

子どもが歩きはじめたら気を付けること 最適な靴・部屋の環境とは?

子どもがいつ歩くようになるか…と見守っている時期を過ぎ、少しずつ歩き始めるようになると、今度は転んでケガをすることが心配になってきますよね。

 

歩き始めの子の歩き方

歩き始めの子は、手を肩よりも上にあげた状態で、ロボットのように膝が曲がりにくく、左右の足に交互に体重をのせながら前進するような歩き方です。
歩き始めはバランスが悪く、常に転倒する危険があるので注意してください。

 

室内では歩きやすい裸足で

室内でカーペットなどが敷いてあれば、靴下をはいているより裸足の方が歩きやすいので、寒い時期でなければ裸足にしてあげた方が良いでしょう。
歩き始めの頃は、歩くことができるようになったことが嬉しくて、何回転んでも立ちあがって歩こうとするのがふつうです。

 

歩きはじめで転ばないか心配…

転んでケガをしないか、頭を打ったりしないか、と心配してしまいますが歩き始めの子どもはからだが小さく軽いせいか、転んでもケガをしないもしくはかすり傷程度で済むことが多いようです。
何度も「歩いて転ぶ」という体験の中から、バランス感覚を育み、転ばないよう気をつけて歩くという動きを身につけていきます。

 

転ぶことで、転んだ時に手をついて自分を守る方法も身につけます。
そのため、転ぶことに神経質になり過ぎる必要はありません。

 

歩いてるときの周りの環境は大丈夫?

但し、転んだ時に机や柱の角に頭をぶつけることがないよう、
・机や柱から離れたところを歩かせる
・イスの上にいる時や外出した時には、高いところやコンクリートの上など、転ぶと大きなケガをする危険性があるところは歩かないようにするというように大きなケガをしないように注意することは必要ですね。

 

靴を履いて外歩きも試してみて

少し歩くことができるようになって、靴をはくことができるようなら外歩きにチャレンジしてみましょう。
 
最初は少ししか歩くことができませんが、ベビーカーから見るのとは異なる景色が見えることで刺激になります。
少し歩くと疲れてしまうので、そんな時はムリせず、抱っこしたり、ベビーカーに乗せてあげましょう。
 
靴はサイズが合って、柔らかい素材のものを選びましょう。

 

子どもの足はすぐに大きくなって買い替える必要があるので、高価なものを買わなくてもよいでしょう。
 
(photo by //www.photo-ac.com/main/detail/1503?title=%E6%AF%8D%E5%AD%90 )

著者: くまさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

歩き出してもハイハイをさせるべし?子どもの成長、どう見守るべき?

  赤ちゃんも1歳頃になると生まれたての頃とはだいぶ変わり、ちょっとした仕草や...

伝い歩きで世界が広がる♪10ヶ月の赤ちゃんの成長具合とママが注意したいポイント

   ついにつかまり立ちも出来た!と喜んだのも束の間、テーブルの上も片付けたり...

動作・行動の体験談

赤ちゃんは模様替えが嫌い?息子不機嫌の理由

間もなく1歳を迎える息子。安全のため行動可能エリアをベビーサークルで仕切っておりましたが、少し広げて...

生後11か月☆いろいろな技をマスターしてきました!

我が家の三女、ただいま11カ月! 色々とできることが増えてきて芸達者になってきました(笑)ぎこ...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る