カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. その他 >
  6. 自分を癒すにはまず人を癒すことが大切!共感脳でうつ病対策

メンタル

自分を癒すにはまず人を癒すことが大切!共感脳でうつ病対策

 

 

■人は他人の気持ちを共感できる機能を持っています。
それによって相手の痛みを知り、相手の喜びを知ります。

社会性の基本はその共感によって成り立っているのです。


それはつまり、他人の幸せを自分で実感できること、人を癒すことで同時に自分を癒すことができると言うことでもあるのです。


自分で他人を癒すことで、共感脳を通して相手の癒しを自分に置き換えて実感することができます。
それによって相手に与えた癒しの効果を、

自らも共有することができるのです。


人が自分一人で生きられないことの原因はここにもあります。
自分一人を癒し幸せにすることには限界があり、それに加えて他人を癒し幸せにすることで、限界を超えた癒しと幸福を手に入れる事ができるのです。


■他人と癒し効果を共感する
他人に癒し効果のある行為を実行する
2.他人が癒され、それを感じ取る
3.共感脳によって他人を自分に置き換え、その癒しの効果がセロトニン神経を活性化させることに


■人の脳の中で最も人間らしいと言われる共感脳、その最大の真価は

この他人の幸せを自分の幸せと感じることのできる共感機能でしょう。

これによって一人での癒やしや幸せの限界を超え、他人を助けることで自分を助けることに繋げることができます。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_info.php

/cPath/21_28_69/products_id/3566])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

うつ病を客観的に検査することができる?!光トポグラフィー検査のメリットについて

  うつ病などの心の病を客観的に検査することができる光トポグラフィー。脳が活発...

うつ病の可能性を客観的に測定〜光トポグラフィー検査とは?

うつ病などの心の病は、患者からの聴き取りや各種テスト、過去の事例などから診断す...


グループの特性を利用した精神療法「集団精神療法」はどのように行われるの?その方法とは

認知行動療法や対人関係療法もグループで行われますが、この療法はグループの特性...

泣くことはうつ病対策になる?!情動の涙と副交感神経の関係とは

    ■感動して流す情動の涙には強いストレス解消作用があり、うつ病対策...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る