カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. アトピー性皮膚炎の原因と対策!ダニアレルギーが関係している?!

育児・子供の病気

アトピー性皮膚炎の原因と対策!ダニアレルギーが関係している?!

食べ物や花粉、精神的なストレス、天候や気温の変化、ハウスダスト…。

人によってアレルゲンはさまざまあります。

 

中でも最近増えているのは何だと思いますか?

それはダニアレルギーです!

 

ダニはどこに潜んでいる?

アレルギーの原因となるダニは、チリダニの仲間で目に見えません。

家の中のソファや畳、カーペットや布団、クッションなどに何十万と生息しています。

 

アトピー性皮膚炎はダニが原因?

チリダニの死骸やフンなどが肌につくと、アトピー性皮膚炎になります。

ハウスダストと呼ばれるホコリの正体のほとんどは、このダニの死骸や排泄物なのです。

 

また、アトピー性皮膚炎がある場合は、他のアレルギー疾患にもかかりやすいです。

このダニの死骸やフンを吸いこんでしまうと、気管支喘息になることがあります。

 

ダニがついたからと言って、必ずアトピー性皮膚炎になるとは限りませんが、もちろんダニ以外にも、アトピー性皮膚炎になる原因は多々あります。

 

ダニを追いはらうには

ダニやハウスダストなどは、肌を刺激する要因になるため、こまめな掃除が大切です。

天気のいい日は寝具を日光に当てて乾燥させ、その後掃除機でダニの死骸を吸い取ります。

 

またカーペットのダニ予防は、掃除機をゆっくりていねいにかけることです。

吸引力の強いもので掃除しましょう。

掃除機で吸ったらスチームアイロンをすると、かんたんに殺虫ができます。

 

アトピー性皮膚炎になった時の対策

基本は清潔と保湿です。

アトピー性皮膚炎を発症する子どもの肌は、乾燥は乾燥しやすくバリア機能が弱くなっています。

そのため、健康的な肌にはなんともない刺激にも反応し、炎症やかゆみを引き起こしてしまいます。

 

家庭でのケアの基本は、肌を清潔にし、乾燥を防ぐことです。

保湿剤を塗って予防しましょう。

 

治療の基本は?

アトピー性皮膚炎の治療は、おもに塗り薬を中心に行います。

よく使われるのはステロイド外用薬、非ステロイド外用薬、保湿薬です。

かゆみが強い時は、かゆみ止めの飲み薬が処方されることもあります。

 

アトピー性皮膚炎は体質が影響しているので、すぐには改善しないこともあるでしょう。

しかし、7~8割は思春期までに治ります。

あせって極端な治療に走らず、気長にケアしていくことが大切ですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

子どもが食物アレルギーになってしまったら…食物アレルギーの対処法

乳児に多い食物アレルギー…。子どもが食物アレルギーになってしまったら、食べるも...

乳児に多い食物アレルギー!アレルギーの原因と注意が必要な食べ物

食べ物が原因となって発症するアレルギーを、食物アレルギーと言います。 6歳以下...

食物アレルギーの体験談

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

生後8か月で卵・乳アレルギーの反応が!!

アトピーのような症状が生後5か月ごろから長く続いたので、血液検査をしてみることをすすめられました。結...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る