カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 小児喘息 >
  6. 咳が止まらない、この症状…。気管支喘息に有効な対策とは?!

育児・子供の病気

咳が止まらない、この症状…。気管支喘息に有効な対策とは?!

気管支喘息という病名を、いちどは耳にしたことがある方は多いと思います。

子どもだけでなく大人にも喘息もちの方がいますが、咳が止まらず苦しいようです。

 

気管支喘息の症状や治療について、ご紹介します。

 

気管支喘息ってどんな病気?

気管支喘息は、気管支の粘膜に炎症が起こることにより気管支が狭くなり、その結果、刺激に対して過敏になり咳やたん、呼吸困難などの症状をくり返す慢性的な病気です。

 

症状としては、夜間や明け方にかけて喘息発作を起こすことが多いです。

はじめはのどがつまった感じから始まり、激しい咳こみ、そして呼吸が困難になるケースもあります。

気管支が狭くなるため、呼吸のたびにヒューヒューという音が聞こえるのが特徴です。

 

近年、咳のみが慢性的につづく「咳喘息」の患者がとても増えています。

治療をせず放っておくと、典型的な気管支喘息になるともいわれるので、咳だけが続く場合でもぜひ受診しましょう。

 

原因

気管支喘息の原因はさまざまな説があり、アレルギー説、感染説、自律神経失調説などがありますが、はっきりした原因はいまだにわかっていません。

ただ、原因は何であれ、気管支の慢性的な炎症によって喘息症状が起こるということははっきりしています。

 

ここでは、アレルギー説の原因についてご紹介します。

 

日々空気を吸っている中で、私たちはさまざまな物質も一緒に吸い込んでいます。

多くの物質に対して、体はうまく処理ができているのですが、花粉やハウスダスト(とくに家ダニの死骸や便中に存在する消化酵素)、ペットの毛(特に毛に付着しているフケなどのタンパク質)などのアレルゲンに対して、免疫反応を起こし、その結果、気管支に炎症が起こります。

 

炎症を起こした気管支は、普段ならやる過ごせるはずの微妙な変化にも、過敏になります。

たとえば、お風呂の湯気や夜の冷気、たばこの煙などにも過剰に反応し、喘息症状を引き起こしてしまいます。

 

治療と対策

気管支喘息の原因が、慢性的な気管支の炎症ということがわかり、抗炎症作用が強いステロイドを吸入することが主となっています。

そのほかには、気管支が狭まることを防止する、気管支拡張剤の吸入薬が一般的です。

 

また、アレルゲンが原因と特定されている場合には、抗アレルギー薬もステロイドと併用することがあります。

 

原因がさまざまなので、自宅での対策が難しくはありますが、下記のような対策法も有効です。

・ハウスダストをさけるためのこまめな掃除

・ペットを飼うのは極力さける

・室温の変化、換気に気を配る

・市販の風邪薬に注意する(市販風邪薬に含まれるアスピリンという成分が喘息の原因になるという可能性があるため)

 

近年の環境破壊により、アレルギーや喘息の方がとても増えたといわれています。

喘息は治癒が難しく、長いつき合いになることも多くあります。

喘息症状の対処法を医師とよく相談し、最悪のケースにつながらないよう注意しましょう。

 

(Photo by:足成

著者: kokoyoyoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

小児喘息に関する記事

喘息のお子さんがいるご家庭は注意!喘息は秋に悪化する!部屋の環境を整えましょう

秋は喘息のシーズンと呼ばれています。元々呼吸器官が弱いお子さんは、1年のうちで...

死に至る場合もある!小児気管支ぜんそくをしっかり理解しよう!

幼児期にかかる恐れのある小児気管支ぜんそくですが、これは場合によっては、死につ...

小児喘息の体験談

子供の喘息について。

我が家の、長男君。 とにかくよく病気になってた…。 1ヶ月に何度仕事を休んだか。 1歳になるま...

カラダノートひろば

小児喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る