カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 乳児脂漏性湿疹 >
  5. 脂漏性湿疹はスキンケアで改善する!?その方法とは?

育児・子供の病気

脂漏性湿疹はスキンケアで改善する!?その方法とは?

脂漏性湿疹は、皮脂腺が活発な赤ちゃんによく見られる、黄色っぽいかさぶた状の湿疹です。

あせもに次いでよく見られ、脂漏性湿疹が初めてなる病気であることも多いです。

 

今回は、そんな脂漏性湿疹を防ぐにはどうしたらよいのか、また脂漏性湿疹を改善させるケアはどのようなものなのかご紹介します。

 

なぜ赤ちゃんは脂っぽいの?

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママからもらった女性ホルモンが残っていて、その影響で皮脂腺の分泌物が盛んになっています。

それによって、赤ちゃんの皮膚は脂っぽく、べたべたしていることが多いのです。

 

脂漏性湿疹は、皮脂腺から出た分泌物が皮膚の汚れに混ざってかたまり、かさぶたのようになって皮膚にこびりつくことが原因でなります。

 

湿疹ができたらどうする?

かさぶた状の皮脂のかたまりは、無理にはがさないようにしましょう。

無理にはがすと頭皮を傷めたり、髪の毛が抜けたりします。

ふやかしてから、やさしく洗って取ってあげましょう。

 

ベビーオイルでふやかす

かさぶた状のものは、ベビーオイルやオリーブオイルをたっぷり浸したコットンを、お風呂に入る30分ぐらい前に貼っておきます。

ふやけてやわらかくなってから、石けんできれいに洗います。

 

入浴してもかさぶたがとれない場合は、白色ワセリンや「亜鉛華軟膏」をリント布(薬を塗って患部にはる医療用の布)に厚めに伸ばして患部に貼り、1日そのままにします。

浮き上がってきたら、ベビーオイルを浸したコットンでやさしくふけば無理なくはがれます。

その後は石けんで流しましょう。

 

洗った後のスキンケア

生後2~3カ月の頃は、赤ちゃんの肌の皮脂は十分足りています。

洗ったあと、ローションやクリームなどで保湿する必要はありません。

クリームを塗る場合は、薄めに塗ってあげましょう。

 

 

乳児脂漏性湿疹は、スキンケアを続けていれば3~4週間で治ることがほとんどです。

いずれも生後5~6カ月頃には消えてなくなるので、あまり心配はいりません。

ですが、ケアをしてもなかなか治らない、良くなったり悪くなったりをくり返す場合などは、一度受診しましょうね。

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

乳児脂漏性湿疹に関する記事

生後3,4か月の赤ちゃんの乳児湿疹…いつまで続くの?夏・冬生まれの赤ちゃんは要注意

赤ちゃんの肌に突如としてあらわれる赤いポツポツ「乳児湿疹」。 生後3か月を...

赤ちゃんにフケ!?生後3ヶ月までに見られる湿疹!乳児脂漏性湿疹

毎日沐浴やお風呂に入れて清潔にしているはずなのに、なんだか赤ちゃんに白いカサ...

乳児脂漏性湿疹の体験談

赤ちゃんのほっぺたにぶつぶつが!! 対応と、治り方

うちの娘は産まれて4日目くらいに、おでこにぶつぶつが急にでてきたり、しばらくするとほっぺたにぶつぶつ...

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

カラダノートひろば

乳児脂漏性湿疹の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る