カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. とびひ(伝染性膿痂疹) >
  6. 伝染性膿痂疹(とびひ)の原因とは?幼稚園に行っても大丈夫?

育児・子供の病気

伝染性膿痂疹(とびひ)の原因とは?幼稚園に行っても大丈夫?

伝染性膿痂疹(とびひ)とは夏に発生する感染症で、子どもの病気です。

掻きむしっていくと水泡があっという間に全身のいたるところに広がっていきます。

強い伝染性がある病気なので注意が必要です。

 

伝染性膿痂疹(とびひ)の原因とは?

伝染性膿痂疹(とびひ)は、皮膚に細菌が感染することによって発症します。

細菌の種類は2種類あり、黄色ブドウ球菌と化膿レンサ球菌が主なものです。

 

黄色ブドウ球菌は皮膚の常在菌で、化膿連鎖球菌は喉の常在菌ですが、虫刺されやひっかき傷などから皮膚に入ることで発症します。

 

伝染性膿痂疹の水ぶくれを触った手などを介して、家事の飛び火の如く広がることから、とびひと言われます。

 

伝染性膿痂疹(とびひ)の症状・特徴

鼻や口、目の周りから始まることが多く、皮膚に水ぶくれ(水泡)が出来ます。水泡は最初は透明ですが、次第に膿が入って濁ってきます(膿疱)。

水泡やその周囲には痒みが生じます。

 

水泡や膿疱は簡単に破れてしまい、破れた部分はただれています。ただれた部分から浸出液が出て、周囲や触った手からうつっていきます。

胴体や手足など体のあらゆるところに多くの水泡が出来てしまいます。

 

強い伝染性があるため、学校や幼稚園、プールなどでうつってしまうことが多いです。7歳未満の乳幼児に発症しやすく、季節は夏が多いです。

 

伝染性膿痂疹(とびひ)の対処法

子どもがとびひになったら早めに病院を受診しましょう。医師の指示に従って治療を行います。

 

治療中は、入浴して皮膚を清潔に保ちましょう。

入浴後は皮膚の保湿をし、処方された軟膏などを塗布し、浸出液が他につかないようにガーゼで保護します。

兄弟・姉妹がいる場合は感染を防ぐため、最後に入浴させましょう。

 

学校や幼稚園などは、医師に受診した上で、患部をガーゼや清潔な布で覆えば、登園、登校しても大丈夫ですが、病変が多発している場合は休ませることをお勧めします。

プールは他の子どもへうつす危険が高いので禁止されています。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

とびひ(伝染性膿痂疹)に関する記事

肌が敏感な乳幼児こそ注意したい!伝染性膿痂疹の原因と症状

大人よりも皮膚が薄く、肌がデリケートな子どもは、アトピーや汗疹といった皮膚湿疹...

とびひはどうやって治すの?とびひを治す、3つの対策!

  子どもに起こるとびひは短い時間に水ぶくれが皮膚の広い範囲に広がっていき、ジ...

とびひ(伝染性膿痂疹)の体験談

とびひになってしまった!

こどもは「とびひ」になりやすいと聞きます。 皮膚の抵抗力が弱いからだそうです。 そして、高温多湿...

とびひは早い治療が大事!

うちの長男はアレルギーを持っていることもあってか、肌も弱く… 特に夏は汗をかくと肌を掻いてしまい、...

カラダノートひろば

とびひ(伝染性膿痂疹)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る