カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 週末 >
  4. 寝過ぎで起きる頭痛の2つの原因「血管の拡張」「血管の収縮」だった!

頭痛

寝過ぎで起きる頭痛の2つの原因「血管の拡張」「血管の収縮」だった!

お休みの日にはここぞとばかりに睡眠をむさぼる人も多いでしょう。

しかし「寝すぎたな」と思うくらい寝てしまったときに、ズキズキ…と頭が痛くなることはないでしょうか? 

心当たりがあるのではないでしょうか。

今回は、寝過ぎたときに起きる頭痛が起きる原因とその対処法についてまとめました。

 

寝過ぎたときに起こる頭痛って?

十分に睡眠時間を確保することは、体や心を回復させるために必要です。

しかし、たくさん寝て疲れがとれたはずなのに、頭痛が起こることがあります。

体は回復したはずなのに、頭だけが痛くなるのはどうしてなのでしょうか?

 

寝すぎ頭痛の2つの原因

たくさん眠った後に起こる頭痛の原因は、大きく分けて2つあります。

 

(1)脳の血管が広がって起こる頭痛

脳の血管が広がって起こるのは、いわゆる偏頭痛と同じ現象です。

偏頭痛ではこめかみ周りの血管が広がることによって、その周りの神経を刺激し、頭痛が起こります。

脈打つように「ズキンズキン」という痛みがあったら、この頭痛と考えられます。

睡眠中は脳も体もリラックスした状態になっています。

つまり、各機関の緊張がほどけているということで、これによって脳の血管が広がりやすくなっています。

これが寝すぎたときには、血管の広がりが行きすぎてしまい、偏頭痛と同じ現象が起きてしまうのです。

 

(2)脳の血管が縮まって起こる頭痛

血管が広がって起こる頭痛がある一方、その正反対で縮まって起こる頭痛があります。

同じ睡眠によって起こる頭痛なのに、反対の原因が起こるのは不思議に感じるかもしれません。

血管が縮まって起こる頭痛は、いわゆる緊張型頭痛と同じ現象です。

これは肩や首の筋肉が緊張することで起こり、後頭部に痛みを感じやすいです。

寝すぎることで脳の血管が縮まるのは、物理的なことが原因です。

長時間眠ることによって首や肩の筋肉を十分に動かさないため、それらが緊張してしまいます。

そのために、その筋肉がかたくなって、血管が圧迫され、頭痛が起こるのです。

特にこれは、高い枕などを使用している人に起こりやすいようです。

 

まずはどちらの頭痛が原因か

頭痛を解消しようと思うならば、まずは自分の感じている頭痛がどちらの種類かをはっきりさせる必要があります。

一方は血管が広がって起きるもので、一方はその真逆です。

そのため、それぞれの原因の可能性をしっかりと探る必要があると言えるでしょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

週末に関する記事

ウィークエンド頭痛を予防する食生活とは

  平日はそうでもないけど、週末になると気になる頭痛が起きるという「ウィー...

ウィークエンド頭痛(週末頭痛)を予防しよう

  平日は何ともないのに、リラックスできる週末に限って頭痛が起きるというウ...


ストレスを溜めない生活習慣でウィークエンド頭痛対策!

 ウィークエンド頭痛の原因は、日頃ストレスや緊張が強く収縮しがちな血管が、それ...

ストレスから解放されて頭痛が起こる?!ウィークエンド頭痛って知ってる??

「ウィークエンド頭痛」もしくは「週末頭痛」という言葉を聞いたことはありますか?...

カラダノートひろば

週末の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る