カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. とびひ(伝染性膿痂疹) >
  6. 子どもが伝染性膿痂疹(とびひ)と診断されたら…とびひの治療法

育児・子供の病気

子どもが伝染性膿痂疹(とびひ)と診断されたら…とびひの治療法

伝染性膿痂疹(とびひ)は伝染性が強く、あっという間に広がってしまいます。

子どもにとびひの症状が見られたら、早めに病院を受診する必要があります。

 

7歳以下の子どもに多く、夏に起こりやすい病気です。

7歳以下の子どもがいる親は、いざという時に慌てないためにとびひの診断や治療法について知っておくと良いでしょう。

 

子どもの伝染性膿痂疹(とびひ)の診断について

以下の症状があると、とびひと診断されます。

 

・虫刺されや、引っかき傷などから出来た水ぶくれ(水泡)があり、それがほかの場所にもうつっている

・水泡が破れたあとに、ただれたようになり、最後にカサブタのようになる症状が繰り返されている。

 

子どもの伝染性膿痂疹(とびひ)の治療

とびひは皮膚の細菌感染が原因なので、抗菌薬を使用します。

軽い症状のみの場合は抗菌薬の軟膏のみ使用しますが、基本的には抗菌薬の軟膏と、抗菌薬の内服を併用して治療します。

 

その他に、痒みを抑えるために、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服します。炎症が強い場合は、抗炎症薬も処方されます。

 

子どもの伝染性膿痂疹(とびひ)の重症化

稀な事ですが、とびひが重症化する場合があります。

新生児がとびひの乳児と接触してしまった場合や、腎不全・免疫不全をもつ子どもなどに起こる場合があります。

 

皮膚の表面で悪さをしている細菌(黄色ブドウ球菌)が血液に入り込んで、全身に熱傷のような症状が出るブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)という病気です。

 

SSSSになってしまったら入院治療が行われる場合が多いです。

昔は命に関わる病気でしたが、今は良く効く抗生剤があるので、点滴治療を受ければ治ります。

 

とびひの重症化を防ぐためにも、子どもの皮膚を清潔に保ち、爪を短くして肌をかきむしらないようにする、などのホームケアをしっかりしましょう。

 

兄弟・姉妹にタオルの共有はしない、お風呂は一番最後にするなど、二次感染の対策もして治療していきましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

とびひ(伝染性膿痂疹)に関する記事

感染力が強く他人にも感染してしまう!?とびひってどんな病気?予防法とは?

正式には伝染性膿痂疹という病名で、次から次へとうつり広がりますのでとびひと呼...

別名、伝染性膿痂疹…"とびひ"って何?とびひって湿疹と違うの?

  子どもに起こりやすい病気にとびひがあります。 伝染性膿痂疹(でんせんせい...

とびひ(伝染性膿痂疹)の体験談

とびひになってしまった!

こどもは「とびひ」になりやすいと聞きます。 皮膚の抵抗力が弱いからだそうです。 そして、高温多湿...

とびひは早い治療が大事!

うちの長男はアレルギーを持っていることもあってか、肌も弱く… 特に夏は汗をかくと肌を掻いてしまい、...

カラダノートひろば

とびひ(伝染性膿痂疹)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る